住宅購入アドバイザー雑記:ぬる湯のススメ~街中温泉・大宮近郊編(15.08.14)

江戸っ子は熱い風呂が好き、などと言われ、熱い風呂に入ることがステータスのようになっているが、私はそこまで根性も我慢強さもないため、のんびりできるぬる湯がいい。

最近、「高濃度炭酸泉」を採用している施設が増えてきた。炭酸泉は37~38度くらいの温度で炭酸の溶解率が高まるということで、ぬる湯にしている施設が多い。この温度と炭酸泉効果から、炭酸泉に長くのんびりと浸かるという入浴方法が好まれるようになった。

とは言っても、子供みたいなところがあって、じっとひとつの湯船に長く浸かっていることもできず、複数の浴槽があって、それを渡り歩いて長く入っていることができる施設が好みになる。

夏休みの疲労回復、猛暑残暑から涼むため、ストレス解消にと、お勧めの温浴施設を紹介します。今回は「さいたま市近郊、ぬる湯」の特集です。

1. 杉戸天然温泉 雅楽の湯(杉戸町) ★★★★☆(満足度高くてお勧め) http://www.utanoyu.com/

源泉名:杉戸みやび温泉 泉質:ナトリウム-塩化物温泉(高張性・中性・高温泉)。浴槽は「内湯生源泉湯、生源泉つぼ風呂・石風呂、源泉あつ湯、シルク湯、高濃度炭酸温泉、岩風呂、根湯・寝ころび湯、水風呂、アトラクションバス、足湯、サウナ」

多彩なお風呂、清潔感と癒される木の造りなど、落ち着いた施設となっております。お風呂そのものもお勧め度は高いですが、この施設のビュッフェレストランがさらにお勧めです。ホテルの高い価格なら、味も種類も良いのは当然ですが、ここは味も種類も良いのに安い。このビュッフェがあるだけでもう一度行ってみたいと思います。

2. 見沼天然温泉 小春日和(さいたま市見沼区) ★★★★☆(満足度高くてお勧め) http://www.koharubiyori.co.jp/

ナトリウム-塩化物強塩温泉、入浴することにより皮膚に塩分が付着し、汗の蒸発を防ぐ為、保湿効果がよく、湯冷めしにくいので「温まりの湯」と言われております。浴槽は「非加熱源泉かけ流し(生源泉、やや加温したぬる湯、あつ湯、あさ湯)など」

この施設は緑が多く静かな環境の中に所在し「大宮や浦和などの都会と同じさいたま市なのか」と驚きます。この緑と日本庭園、木質の建物の良さが期待を高めます。温泉そのものは関東平野の典型的な泉質ですが、温度が違う浴槽に分かれ、どれも適度の大きさもあり、ゆったりくつろぐことができます。施設内のお食事も味量価格と三拍子揃います。

3. さいたま清河寺温泉(さいたま市西区) ★★★★☆(満足度高くてお勧め) http://seiganji-onsen.com/

源泉名:清河寺温泉 泉質:ナトリウム一塩化物温泉。浴槽は「高濃度炭酸泉×天然温泉×桧の浴槽、入浴剤を用いた内湯、アトラクションバス、生源泉(ぬる湯)、適度な温度の岩風呂、熱い源泉かけ流し風呂、寝ころび湯など」

大宮に近いこともあり、施設前に商業施設があることなどから、周辺雰囲気は緑が多く残る近郊住宅地そのもの。それでも木質系の建物は良く造られており良い感じの和風施設です。露天風呂でも竹林を配して良い雰囲気を醸し出しています。この施設の良さは、天然温泉と高濃度炭酸泉と桧風呂を3つ合わせたハイブリッド浴槽、いつまでもくつろげそうな生源泉のぬる湯とその反動なのかかなり熱い源泉かけ流しの露天風呂、さらに、ライトアップされた竹林は外気で身体を冷ます際に癒しを与えてくれます。この施設で飲食はしませんでしたが、他の入浴客が「ここは食事も美味しい」と仰っていました。上記1番の杉戸と同じ系列とのことですのでうなずけます。

以上、大宮近郊の三施設、どの施設も、ぬる湯、緑を多く配した木質和風系、食事も良い、という条件を揃えております。千葉県、埼玉県のすべての施設を比較したわけではありませんが、この3施設を見る限り、入浴施設では埼玉県に分がありそうです。遠くてなかなかいけないことが残念です。

個人的な評価表 ★★★★★(人生で一度は行くべし) ★★★★☆(満足度高くてお勧め) ★★★☆☆(近くにあるなら) ★★☆☆☆(無理していかなくても) ★☆☆☆☆(話のネタに)



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ