住宅購入アドバイザー雑記:憧れの高層タワーマンション生活(15.04.07)

東京湾岸エリアに林立する高層タワーマンション。マンション群を外から見ても、マンション室内からの眺望を見ても、近未来的で、ドラマ・映画そのもののイメージは人気が出るのも必然と思う。

今朝、録画していた番組を見ていた印象です。(案外)素直な私は、見るもの見るもの好意的に見てしまい、どれもよく思う傾向があります。通販会社からみたらいいお客様(ですが資金面からみればお客様ではない)。

旅番組を見れば、すべて行きたくなり、グルメ番組を見れば、すべて食べたくなり、情報番組(政治経済の硬派から芸能スポーツの軟派、健康や文化的なものまで)を見れば、すべて信じてしまう。

ダイエットに効果があると聞けば、すぐに飛びつくタイプです。

閲覧した番組では、湾岸高層マンションの代表的なエリアである豊洲で、実際にタワーマンションに暮らす家族を取材し、(概ね好意的に)暮らす現状から良い面悪い面を分析して紹介していました。

暮らしている人の生の声として、子供の安全面を強調する人が複数いました。

おそらく、新しい街なので旧来の繁華街的なものがなく治安が安定していること、いわゆる不良方面の商業施設が少ないこと、新しく開発された街で道路幅が広く交通安全面を考えて作られていることでしょうか。

また、ららぽーと豊洲に直結していることでの生活利便性の高さ、勤務先からすぐに帰ることができて家族との時間が増えたこと、肉体的な負担の軽減などのメリットがあると仰っていました。

私個人としては、ららぽーとで毎日買い物していたら家計が破たんしそう(豊洲で暮らす方々は収入も高く問題ないのでしょうか)、キッザニアには毎週のように行かないだろう、など、庶民的な感想をいただきました。

地下で直結し、日常生活から映画館などの娯楽施設まで、ほぼマンションと一体となっているのは羨ましく思いました。※ただの妬み、嫉妬かもしれません。

番組で紹介されていたご家族皆さまは、テレビに出るくらいだから自信もあるのでしょうし、それなりの暮らしをされておられたのでより一層感じることになりました。※ソファーなどが高級そうでした。

柏の葉にあるららぽーとでも、隣接の高層タワーマンション群、柏の葉キャンパス駅などと一体となっており、豊洲と同様の暮らし方が行われており、実際、同じように高価格でも飛ぶように売れているようです。※中古

(長文になりましたので次回「不動産は外部からの影響が大きい」に続きます)



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ