住宅購入アドバイザー雑記:守谷市の幼稚園,小学校,中学校の児童,生徒数推移(10.09.17)

平成18年度から平成22年度までの5年間、守谷市の幼稚園,小学校,中学校の児童生徒数の推移を調べてみました。この結果、つくばエクスプレス開通前後から、子育て世代の世帯(≒住宅購入適齢期)が守谷市に流入してきたことが分かります。

小学校の児童数は、年々増加しており、平成18年から流入が現在まで進んでいることがわかり、中学校の生徒数が今年度、いっきに増加したのは、開通前後に購入した世帯のお子様が中学校進学時期を迎えたことからです。

幼稚園の児童数は、毎年ほぼ変わりませんが、これは定員などの制限があることと思われ、児童数を維持しているということは、この子育て世代の世帯が一定数いることとであり、流入してきているものです。

今後、小学校の児童数が横ばいになったときが、流入のピークを迎えたことを表し、その後、一定の流入(新規開発)がなければ、徐々に減少していくものと思われます。

幼稚園や小学校の児童数が上昇しているときは、保護者の年齢層が多く占めるもので、横ばいから下降になった際、住民の年齢層があがったことを示します。

守谷市の幼稚園,小学校,中学校の児童,生徒数推移
(年度:児童数,生徒数-学級数)

松ケ丘小学校
22:624-21
21:616-21
20:605-21
19:596-20
18:549-19

けやき台中学校
22:450-15
21:419-14
20:420-14
19:418-14
18:406-14

守谷ひかり幼稚園
22:集計中
21:360-12
20:362-12
19:379-11
18:359-11
守谷ひばり幼稚園
22:集計中
21:425-14
20:415-13
19:384-12
18:345-12

守谷二三ケ丘幼稚園
22:集計中
21:149-6
20:169-6
19:168-6
18:158-6

守谷わかば幼稚園
22:集計中
21:202-6
20:207-6
19:202-6
18:180-6



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ