住宅購入アドバイザー雑記:おや、株価大幅高?(09.03.13)

3月になって何かと忙しく本業の不動産取引に勤しんでいる今日この頃です (でもすぐ決まるわけでもないんですけどね・・・)。

夕方外回りから会社に戻ってパソコン画面に向かったとき、 いつものように株価と為替をチェックして驚いた。 今日はずいぶん株が上がっているな~。 ちょっと気になったので市況ニュースを見てみるものの 特別な好材料があったわけではなっかった様子。

最近はじりじり下げる場面が多く嫌な雰囲気だったが下値が固まってきたのかな。 日経平均7000円は割らなかったし。 G20が近く開かれ世界的景気対策が話し合われるようだし、 劇的に変わることは無くても今までの対応が それなりに効果を上げつつあると評価されだしたのだろうか。

ともあれ少し明るさが出てきたようでほんとよかった。 機関投資家といわれるプロの方々は決算を控えてポジション整理で大きく動けない時期。 市場のボリュウムは小さくなりがちで材料にも反応しにくくなるかもしれないが、 今のうちにじりじり上げておいて3月末を向かえられれば金融機関の評価損も小さくなり、 金融不安も少しは解消されるでしょう。

これ以上大型倒産や人減らしが進まないように祈っている (いつ自分に回ってくるか分からない世の中ですし・・・)し暗いニュースは聞き飽きた感がある。 そういえば新聞記事に大手企業の春闘に関する記事があった。 ベアは0に近いが定期昇給は行う企業があるとか。 終身雇用が崩れて久しいが、年功序列がすべて悪とはいえないと思う。

出せるところは不況でも賃金上げて消費マインドを盛り上げてください。 過剰在庫と過剰設備で企業の投資が期待できない今、 景気動向は消費から改善するしかないのだから。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ