住宅購入アドバイザー雑記:繁忙期・閑散期という波(07.12.23)

いつもお堅くて読みづらい内容でしたが、今日はちょっと 緩やかな記事にしますので、お気軽にどうぞ。

不動産業界も住宅業界も、繁忙期・閑散期という波があります。 一年の中で、消費者の心理や時期による状況などから、 毎年一定のリズムで波があるのですが、今年はちょっと異変が。

一般的な一年は、1~2月に“今年は家を買うぞ~”という気合と 勢いから家を探す人がワァ~と出てきて、建売や中古住宅の場合は 年度内に引越しをという希望の方の駆け込みも出ます。

3月は年明けから探し始めた人が落ち着き始める時期になり、 年度内入居を目指す人も時間切れとなりますが、土地に関しては、 ハウスメーカーさんなどの年度末商戦があり、3月終わりごろまで 活況になります。不動産屋さんの仕事は契約した後も続きますから、 1~2月に購入された方の業務と重なり、3月は忙しくなります。

4月に入りますと、新年度ということで、仕事も学校も落ち着きがなくなり、 家探しどころではないという心理になるからか、業界もちょっと落ち着きを 取り戻します。業界内でも大手さんは転勤や期末を追えた後の脱力感から、 営業もトーンダウンします。

GWに入ると新年度のバタバタも落ち着き、家探しを始める方も増えてきます。 特に土地から新築住宅をという方で年内入居を目指す方は、 土地を決めなければならないリミットが迫ってきます。 ただし、お子さんがいらっしゃる方は、春のイベントが5~6月頃にあるため、 なかなか家探しに集中できない状況になるようです。

6月後半から7月にかけて、梅雨の時期に入り、ムシムシジメジメという気候が、 家探しへのテンションを下げてしまいます。心理的には夏休みを間近にひかえ、 気持ちがウキウキ、早く休みが来ないかなという行楽モードになって、 やはり家探しのテンションが落ちてしまいます。 近年の異常気象で6月頃からかなり暑くなるためもあります。

お盆休みまでは気候と行楽で、業界も閑散としますが、お盆を過ぎた頃から、 楽しみも終わったから、家でも探すかというような感じで、ポチポチと動き出します。 気候も徐々に涼しくなってきたということもあるのでしょうか。

8月後半から9月にかけて、年内入居(建売、中古)と年度内入居(土地から新築)を 逆算した購入者が増えてきます。 さらに、半期末の9月ということで、営業側も力を入れてきます。

この余韻が年末に向かって進むのですが、秋のイベントなどで中断したり、 探し始めた方が購入することにより、探す人が徐々に減って、 年末に向いフェードアウトして、12月はたいがい閑散としてきます。

この流れから、業界の年末年始休暇は、早めに始まり早めに終わるというパターンになり、 今年は、12月26日(水)から休みに入り、早い会社は新年2日から、または、 三が日は休んで、4日からというのが多いようです。 (弊社は12月26日~1月4日まで年末年始休暇を頂きます)

長くなりましたが、このような感じを毎年繰り返してきました。 しかし、今年はちょっと異変が。特に秋から年末にかけてのパターンが例年と違うようです。

9月までは例年通りかなという感じで進んできましたが、 10月から11月にかけて、弊社もそうですが、ハウスメーカーの展示場来場も、 不動産業者の問い合わせ数も激減しました。

これは、原油高による物価上昇・景気悪化懸念やサブプライムローン問題などによる 心理的な影響だと私は思います。契約数というのであれば、銀行の融資引き締めなどの 影響もあるのでしょうが、来場・問い合わせ数には影響しません。 改正建築基準法の審査厳格化というのも、着工数に影響はしますが、 同じく来場・問い合わせには関係ない。

ここからが判断の難しいところですが、このままの状態が続けば、 景気悪化=住宅、不動産業界低迷と進むんだなと分かりやすいのですが、 12月になって、問い合わせ数が急激に上昇したので、 どうなっているんだと悩んでしまいます。

この問い合わせ数増加が弊社だけのものなのか、 他社も住宅・建築業界もなのかによっても判断が分かれるので、 年末年始の挨拶まわりで、様子を探ってきたいと思います。

12月に入って、年末に近づいて、ちょっといつも様子がおかしくて面食らっていますが、 きちんと整理して今年を終わらせたいと思います。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ