住宅購入アドバイザー雑記:時刻表に強い人は不動産にも強い(07.10.31)

“頭の冴えた人は鉄道地図に強い(仕事と人生のプロになる強化書)”を読みました。 以前から、仕事でも不動産でも、今の私の礎は、小学生時代に暇があると 時刻表を眺めていたことにあると思っております。 そのことに関して、内々、自負がありましたが、控えめな私は、 今までそれを黙っていたのですが、この書で、やはりそうかと確信しました。 本書の中身は、私の考察よりもずっと広くて深く、鉄道地図・時刻表ファンの人に 勇気を与えてくれます。本書・著者に尊敬の念を持っているからこそ、コラムにしました。

私は鉄道地図というよりは時刻表という方がしっくりしますので、 時刻表というところから書かせて頂きます。

・鉄道路線を把握していると、位置や隣接との関係、遠方のエリアとの関連具合が分かり、 不動産(立地)の位置づけ・立場が考察できる。

・鉄道路線に乗り換え、接続状況が分かれば、通勤・通学にて、いろいろな可能性を拡げられる。 さらに同じ乗換えでも、改札の有無、ホームの位置関係などが分かれば、 乗り換えに伴う負担の程度が分かる。

・鉄道路線を大きく見ていくと、どういうエリアが開発されているのか、それがなぜなのか、 人の動き流れが分かる。逆に鉄道路線がないというエリアも分かり、 不動産・地価の割高、割安などの考察ができる。

・時刻表(所要時間)を把握していると、同じ場所(例えば勤務先所在地)から 同じ時間で東西南北各地域の不動産や地価を比べ、大きな視点で考えられる。

・各路線の特徴は、地域性や歴史などの背景があり、これを知ることにより、 各沿線の地域特性などが考察できる。 不動産を比較する際、購入地を検討する際に推察しやすい。

・目的地までの乗り換えや所要時間、適切なルートを決める際、 目的地に希望する時間に到着する列車を選択し、それに乗り継ぐためには、 何時のどれに乗らなければいけないのかを判断する。 この方法は、住まい探しのスケジュールを検討するうえで役立つ。

引用参照元:頭の冴えた人は鉄道地図に強い(仕事と人生のプロになる強化書)

例えば、来年の4月から新しい小学校に通わせたい。 そのためには引越しや手続きなどで3月前半には新しい家を完成させたい。 そのためには建築の着工を11月中には行いたい。 打ち合わせや確認申請などの時間を考慮すると遅くても9月には 土地と依頼する建築会社を決めないといけない。であれば、 7月か8月には土地探しをスタートしなければと。

・鉄道路線を把握していると、立地している場所が複数の交通手段での アクセスが可能なのか、ひとつに頼らざるおえないのかが分かり、 その立地の付加価値などまで分かる。

・時刻表を把握していると、抽象的に駅から徒歩・・分という材料を、 駅からの個別要因で価格差の検討ができる。

住まいや生活という場面になると、もっと役立つ点があると思います。 ふだんの営業活動の中でも、場面場面で、下地となって活かされていると 思うのですが、思い出せないので、今日はここまでということで。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ