住宅購入アドバイザー雑記:不動産会社の活動範囲(07.10.15)

やっぱり、普通の不動産会社とは違うのかなっと実感した週末。

通常の不動産会社は、顧客との折衝・打ち合わせや不動産・物件の案内や 売り出しなどでも、地元から離れることは少なく、狭いエリアの中で行動。 これは、物件を中心に行動する不動産業界では自然。

地元の物件→顧客、不動産を購入する人は地元の方が多いことから、 物件も地元、顧客も地元となる。広告も地元を中心に配布。 最近は、ネット経由もあり、顧客が広範囲に拡がることもあるが。

しかし、顧客を中心に行動すると、物件は顧客のあとに付いてくるものであり、 結果、広範囲に及ぶ。さらに弊社ではネット経由がほとんどであり、 顧客も広範囲、物件も広範囲となり、“地元に密着”という不動産業界に 多いフレーズとは離れている。

さて、不動産業界の特徴や弊社のセールスを紹介しようと書き始めたわけではなく、 単純に今週末の動きから、単純に思ったことをと書き始めた。 広範囲に、変わった動きをしていると、旅行ではないが、 日常とは違うものに触れ、へぇ~と思うことが多い。

では、日を追いながら、ご紹介。

10月12日(金)

この日は朝から電車で都内へ。幸か不幸か、自動改札機トラブルが起こり、 弊社最寄り駅の南柏駅から目的地の日比谷駅まで、タダ乗りで行くことができました。 各駅手作業での対応をしているのかなと想像しておりましたが、混乱を避けるために、 フリーパスで入場・出場させていました。一時的な収益確保に走ることなく、 乗客を優先した英断に拍手。たまには顧客に利益還元してもいいですよね。

午前中は、みずほ銀行の本店にて不動産取引。みずほ銀行の本店は、 旧第一勧業銀行の本店を利用しており、ということは、 銀行番号1・店番号1の1番1番ですか?と行員に確認したら、ハイそうです、と。 朝の運賃無料といい、1番続きと、何か良いことがありそうな幕開け。

この後は、お客様から依頼された土地の調査・査定について、練馬区の現地と 法務局・練馬区役所・練馬区の水道局へ。ルートは、内幸町にあるみずほ銀行本店から 皇居の緑を眺めなららテコテコと歩き、有楽町線の有楽町駅→地下鉄赤塚駅へ。 たしか以前は、営団赤塚という駅名だったと記憶していましたが、 東京メトロへと組織名称が変更になって駅名も変更したのでしょうか。 それともただの記憶違いか。

練馬区は23区内でも世田谷区についで2番目に人口が多い区(だったような)、 有名人では上戸彩さんの出身地(だったような)で、下町情緒が残り、閑静な住宅地。 台地面の平坦地で住み心地が良さそうであり、平成20年には副都心線も乗り入れ、 池袋だけではなく、新宿(三丁目)、渋谷にも乗り換えなしで行ける利便性の良い立地である。

現地を確認した後、西武バスに乗り、練馬春日町駅近くにある法務局へ。 ネットの情報はここまで来ているのかという典型で、西武バスは各バス停の時刻表が ホームページで確認することができる。このおかげで、現地→法務局、 法務局→練馬区役所の移動を、駅から目的地までの距離がある鉄道や交通費が 高くなるタクシーを使わず、ほとんどロスなく移動することが可能になった。 しかも、成増→練馬春日町→練馬駅へのバス路線は1時間に2本程度であることから、 事前に時刻表を確認できなければ、かなり無駄が出たのではと思われる。

さらに西武バスに乗って驚いたのは、美人の運転手さんと乗降時にエアサスでバスを 斜めに傾け乗車しやすく仕掛け。バス停に停車し、ドアを開けると、 プシューっていう音とともに、ゆっくりバスが傾く。今のバスはここまで進化したのか。 さすが都内は最先端だなと感心。 (と思ったら土曜日に地元柏の東武バスに乗ったら、同じ仕掛けがあった。あれ、もうこれは当たり前なのか。でも、スイカ・パスモが東武バスは使えないので、やはり都内は最先端)

練馬区内でもう一つビックリしたというか、感心してしまったのが、 法務局、練馬区役所、水道局でご対応頂いた方みなさんがとても親切だったこと。 どこどこと特定して思っているわけではないのですが、普段接している方よりも、明らかに違う。 法務局も区役所も水道局も、管轄は国、都、区と違うので、なぜなのかは分かりません。 たまたまなのか、地域性なのか。

練馬区の調査が一通り終了した後、新宿へ移動し、旭化成不動産の研修・懇親会に参加しました。 この中でいろいろな話が出ましたが、基本は、お客さんが何を求めているのか、 どういう状況なのかをしっかり理解し、適切な情報を提供するということにつきる。

10月13日(土)

この日は朝から新宿のNSビルにてイベント参加。その中でセミナー講師と相談担当。 小心者で上がり性のため、セミナーでのしゃべりは誉められるものではないが、 参加者の視線、メモの手、うなずき、途中退場なしという反応から、 内容は良かったのではと自己満足。

私が講師を担当したセミナーと同時刻に、同じイベント会場の他のブースでは、 高樹沙耶さんの講演がバッティング。誰もが高樹沙耶さんの講演を聴講したいと思う中、 私の方へいらっしゃって頂いた方には感謝です。

このイベントは、不動産主体ではなく建築が主体。不動産のブースは全体の1割程度で、 この他は建築会社、ハウスメーカー、建築家、住宅設備会社。各会社とも、最新製品や技術、 いろいろな取り組みや家にかける思い・考えなどを発表した。 展示会というのが正しいのでしょうが、発表会という感じが雰囲気としては 正しく伝わるのではと、あえて発表という言葉を使いました。

新宿でのイベントが終了後、夕方の来客のために大急ぎで帰社。 土地の売却・資産活用などの相談・打ち合わせ。

10月14日(日)

終日、新宿でのイベントに相談員として参加。 イベントに参加中は、お昼ごはん(新宿ではランチという表現が的確でしょうか)の 時間がとりづらく、また、B級グルメ系が好きな私には、都心のお洒落な食事には抵抗がある。 イベントが終了間際になって、イベント会場内にある食事どころ(カレーのみですが)の 在庫が余ってきたのか、主催者側より無料でいいですよというお声が。

イベント終了後に、一緒に参加した不動産会社の方と食事をして、帰社。 日曜日ということもあったので、柏と新宿の移動に車を利用。行楽の渋滞などもなく、 行き帰りとも1時間弱。これなら、バス・電車・電車・徒歩と乗り継いで行くよりも早い。 西新宿では、エステック情報ビルの駐車場が、22時まで2,000円で打ち止めと安い。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ