住宅購入アドバイザー雑記:生前測量(07.06.29)

不動産売買に限らず、相続でも、測量(≒土地の特定と正確性)は、 とても大事なことです。しかし、相続が発生した後に測量をしようと思っても、 いろいろなマイナス要因がある。

相続対策と言えば節税対策というイメージがあるが、納税資金の準備、 揉めないようにするのも、相続対策として大事なこと。 境界紛争(対隣接者、相続人間)にならないために、相続対策の基本として、 資産の把握≒生前測量はとても重要になってくる。

[生前測量のメリット]

1.将来の境界紛争が防げる。
 → 境界を知らない人(相続人)だと相手から足元を見られる。
2.時間的な余裕が出来る。
 → 相続後だと申告期限に間に合わないことも → 特例適用不可
3.物納しやすくなる。
 → 物納では境界確認、測量は必須。越境物廃除。
4.測量費用を経費として考えられる。
 → 相続税の減少

境界が不明、正確な現状が把握できていない土地などの場合は、ぜひ生前測量をすることをお勧めします。 (相続だけではなく売却を検討しているとしても)



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ