住宅購入アドバイザー雑記:食中毒の予防(06.07.01)

梅雨の季節から、秋口にかけて、食中毒がいちばん発生しやすい時期です。 今回は、柏市の広報に掲載されていた「食中毒防止9か条」をご紹介します♪

1.石鹸で手を洗い、しっかり汚れを落とす (つめの先も注意)

2.タオルやふきんは、乾燥させた清潔なものを

  (湿ったままで置きっ放しになっていませんか?)

3.食品はすぐに冷蔵庫へ

  (冷蔵庫内の温度設定にも注意)

  冷蔵庫チェックポイント→

  ★冷蔵庫内は10℃以下に★冷凍庫は15℃以下に

  ★容量は全体の7割まで

  ★ドアの開閉は短時間で回数を少なく

  ★月に一度は庫内の大掃除を

4.野菜などの生食用食材は水でよく洗う

5.加熱用食材は中心部が75℃で、1分以上加熱を

  (温度指定のあるものはそれを守ってください)

6.飲み水はなるべく沸騰させてから

7.卵や肉は早めに調理し、作り置きはしない

  (佃煮や味噌汁、カレーなども冷蔵庫で保存を)

8.食べ残しは冷まして冷蔵庫に入れ、再加熱する

9.魚や肉を調理した包丁とまな板は、洗剤で洗った

  あと熱湯消毒し、よく乾燥して保存を

  (生で食べるものを先に切るなど、調理手順にひと工夫を)

いかがでしょうか?

食中毒の予防に大事なことが多く詰まっていますね。

早速、実践して食中毒を予防しましょーう♪



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ