不動産ニュース考察:90歳の「永代橋」(17.01.28)

日本経済新聞に『重要文化財「永代橋」 アーチ内側から補強で長寿命化』 と言う記事がありました。

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO10424260Y6A201C1000000/

隅田川に架かる「永代橋」は関東大震災からの復興の象徴として、2007年に国の重要文化財に指定されています。

東京都は橋を半永久的に守り続ける計画だそうです。

永代橋は1926年に竣工した鋼3径間カンチレバー式ソリッドリブタイドアーチ橋との事です。

東京都は塗装の塗り替えや伸縮装置の交換といった補修工事を実施してきたものの、外観上の大きな改変はなく、橋台と橋脚のコンクリートの健全性にも問題はなく、車などの活荷重や疲労への耐久性も現在の基準を満たしており、唯一、レベル2地震動に対する補強が必要だった為、幅80cmほどの狭いアーチリブ内で、地震時の座屈を防ぐ補強材の設置工事が進めているそうです。

なお、東京都は2015年度までに主要な道路橋の耐震補強工事を完了。

道路橋がひとつでも被害にあえば帰宅困難者が増える事になるでしょう。

今一度、職場や学校から自宅に戻る帰路の見直しや

1月17日は阪神・淡路大震災、3月11日は東北地方太平洋沖地震のような寒さのきびしい震災にも備えて準備しておくことも心がけた方が良いかも知れません。


仲介手数料半額・中古マンション

サブコンテンツ

このページの先頭へ