不動産ニュース考察:「電力自由化」になっても、切り替えが出来ないマンションもある(16.09.22)

2016年4月から既に始まっている電力自由化ですが、CMでは「携帯電話とセットでお得」などどの電力会社に切り替えようかと思っている方も多いと思います。 しかし、残念ながらマンションにお住まいの方に、自由に電気会社を「選べる場合」と「選べない場合」があるので注意が必要です

◆マンション電気契約の種類

≪低圧契約(従来)≫

中古マンション

低圧の場合マンションでまとめて電力会社と一括契約するのではなく、個々に電力会社と契約するタイプになります。よって、電力自由化によって、一戸建てと同じように自由に電力会社を選択する事が出来ます。 もちろん契約する電気の種類は今まで通り低圧電力という電気になります。

≪高圧一括受電≫

中古マンション

マンションが電力会社を決め、マンションごと高圧一括受電契約をしている場合がこれにあたります。大規模なマンションやタワーマンションにこの例が多くなります。

株式会社富士経済の調査報告によると、高圧一括受電サービスの導入対象となる50戸以上の大型分譲マンションは全国に200万戸程度あり、その中で高圧一括受電を導入しているマンションは約40万戸。

大型マンションの中でも20%で、小規模中規模マンションは高圧一括受電の対象でない事から、ごく一部の大型マンションが電力自由化とは関係のない高圧一括受電である事がわかります。

メリットとしては、ロビーなどの共用部分に高圧の料金の安い電気を流すことができるので、マンション全体においても、電気代がかなり安くなるのです。

具体的に入居者にとっては、支払う管理費用が安くなる、メリットがあります。

個々の家庭には、高圧受電設備で高圧の電気を家庭用の低圧に変圧し流しています。ですので、個々の家庭には一般の家庭用低圧電気の料金が適用されることになるのです。 この電気代の節約はマンションの管理組合にとっては、かなりメリットのあることで、あまった料金をマンションの補修に回したり、蓄えておくこともできます。

電力自由化で、「携帯電話とセットでお得」のような形で電力会社を自由に選ぼうかと思っている方も購入するマンションによっては自由に選べないこともありますのでお気を付けください。


仲介手数料半額・中古マンション

サブコンテンツ

このページの先頭へ