不動産ニュース考察:ソチ五輪と大雪のニュースに隠れて(14.02.15)

千葉市で観測史上最高の積雪になった先週に続き、今週末も大雪に見舞われた。(千葉市では週半ばにも10cm超の積雪を記録)

この記録的な大雪に関してのニュースが入ったものの、TVでは「ソチ五輪」の話題ばかりで一般ニュースが飛ばされてしまっている。

五輪にもスポーツにも日本選手団にも人並み程度の興味はあるが、どのチャンネルに合わせても、ソチ、ソチ、しかも、同じ競技ばかりでは、TV局(特に報道番組)のあり方に疑問(個人的な不満ですが)を感じる。

舛添氏が当選した東京都知事選挙も、国民(都民)の意識が選挙から遠ざかるように、ソチ五輪の開幕に合わせて一週間遅らせたとか。

政治家は国民の意識よりも上にはならない、という格言があるらしい。ラジオ番組で外国人識者が、このような政治を許し続ける(かつ、低い投票率)都民のことを「バカ」と連呼していたが、返す言葉もない。

その中で、微々たるもので貢献にもならないですが、気になった記事を埋もれないように、本日の日本経済新聞(web)に掲載された記事を2つ紹介します。

「青写真なき住宅政策 空き家増加で負のスパイラル~不動産コンサルタント・長嶋修~」 http://www.nikkei.com/money/features/73.aspx

住宅の購入、所有のあり方を提言し続ける長嶋氏が、現在の住宅政策に対しての疑問点を述べている。

ひとつは、空き家率が上昇し税負担も生じているにも関わらず単調な住宅建築の促進政策であり、もうひとつは、中古住宅を活かして住宅を社会資本とし、家計の改善を図ろうとしているものの、新築促進の政策も従前以上に続けていること。

このふたつの矛盾した政策。理想はあるものの、業界のことを考慮しなければならない政治。規模が大きい不動産・住宅市場、生活に占める割合が大きい住居費のわりには、政治も消費者も意識が弱い(小さい)。

「人手不足、経済に足かせ」 http://www.nikkei.com/article/DGXNZO66878110V10C14A2EA2000/?dg=1

先日来より、松戸市立病院の建て替え工事が、入札する建築会社がなくて計画が進まないという話題が取り上げられている。これは、建築資材の上昇、人手不足などにより採算が合わない(割にあわない工事)であることが要因。

また、販売価格から逆算して建築工事を行う分譲マンションも、建築費との兼ね合いがつかず、建築会社は避けているようで、今後、分譲マンションの販売価格に転嫁されていかざる負えない様相。

この分譲マンション価格上昇は、中古マンション、新築建売住宅、土地、賃料と、住宅市場全体へ波及していくことになる。

今回の記事では、保育園の建築が遅れて待機児童問題に影響していることや、人手不足で物流・交通などが円滑に動かないなど、生活に影響が出始めることが紹介されている。

舛添氏は東京都知事選挙の公約として、待機児童(保育園)・待機高齢者(介護施設)の解消を掲げていたが、建築費の高騰、人手不足などを理由に公約違反の言い訳をするのではないかと予想される。

ただ、理想を掲げるだけなら、それは評論家までであり政治家ではない。具体的な実行計画もなく、理想だけの公約で当選し、当選後は手のひら返しというパターンから脱却することを祈りつつ、現実には対応しなければならない。

長期金利が0.6%を下回った、株式市場が下落基調になっている、FRBから日本銀行へ資金供給の負担が押し付けられた、なども含め、不動産市場の動向を考えながら、購入、売却の様々なことを考えていく必要がある。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ