不動産ニュース考察:米国住宅市場が過熱(05.05.26)

5月26日の日本経済新聞に、米国の住宅市場についての記事が揃載されました。

[記事概要]

・新築住宅、中古住宅の販売実績が過去最高を記録。

・中古住宅価格も前年同月比で15%上昇。

・これらは住宅ローン金利の低さから。(金利上昇を見越した駆け込み需要)

・値上がりした住宅を担保に借金を膨らませ、消費を拡大し、景気をけん引。

・住宅が値下がりすれば、負債が家計を圧迫し、消費が袖減速、個人破産の増加の恐れ。

引用元:日本経済新聞

日本経済新聞って新書2冊分もの情報量があるんですってね。 そんな中で、私は国際記事を読まないことには自信があります。 そういうことで、国内派の私には、米国の不動産事情について、 いまいち分からないのですが、米国で起きたことが将来日本で起きるというのが、 社会・経済の大きな流れかなと考えて、珍しく読んでみました。

素直な感想として、日本も米国も、やってることは変わんないんだなと思いました。 低金利で住宅購入意欲を出し、住宅が値下がりした時の懸念内容を見ていると、 バブル期に似ていますね。

しかし、私が一番注目したのは、中古住宅が値上がりするということです。 日本の場合、建物は少し古くなるとすぐに流通価値がなくなりますが、 米国では、建物もしっかり評価され、資産として価値があるんだと見ました。

この建物を資産として見ていくという部分は、 これからの日本が変わっていく部分だと思います。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ