不動産市場と動向:好条件での売却を実現する方法(16.03.28)

すでに売却活動を始められた方は、次のパターンに当てはまるかどうか確認してみてください。

1. 1社に専任媒介契約で依頼した

2. 複数の同じような会社(大手ばかり)に一般媒介で依頼した

3. 付加価値サービスがある会社に依頼していない
このいずれかに当てはまった方は、売却活動が順調に進んでいるかどうかを依頼した不動産会社にご確認ください。売却の状況なんて分からないよと思われた方は、すでに依頼方法が間違えているというです。

25年超の不動産営業の経験から、自宅や土地の売却を「より好条件」で実現する一番可能性が高い方法を確信しました。

「親身になってくれる会社」
  ×
「大手仲介会社」を組み合わせた一般媒介
より好条件で売却するためには、そのための要素がすべて盛り込まれることが必要なります。そのすべてを盛り込むためには、一般媒介契約で「親身になってくれる会社(地元)」と「大手仲介会社」の2社に依頼するしか方法はございません。

好条件での売却する要素については、こちらにてご確認ください。

これは、任意売却でも有効です。その理由もこちらにてご確認ください。

より高く、より早く、より負担なく売却するために、このすべての要素を盛り込むことができるのは、迅速対応のエージェント(地元の親身な会社)と大手仲介会社と組み合わせる一般媒介しかありません。

そして、大手仲介会社と組み合わせる会社として、会社の規模以外はすべてを網羅して、さらに仲介手数料も安い当社がベター(ベストとは言いません)です。

売却するかどうか、どこに頼むか、どのように頼むか、どのように販売戦略を組み立てるか、まだまだ決まっていなくても、当社にご相談いただければ好条件での売却に近づきます。

当社に依頼するかどうかよりも、当社に相談するかどうかの方が大きいかもしれません。


仲介手数料半額・中古マンション

サブコンテンツ

このページの先頭へ