不動産市場と動向:購入傾向と今後の住宅市場(13.10.26)

借入金(住宅ローン)の返済一覧表を眺めれば、先は長いなと感じるが、つい最近までの猛暑が幻のように感じるほど肌寒くなり、今年も残り二ヶ月あまりと月日が過ぎ去るのは早いと感じる。

不動産市場のうち、とくに住宅向けは、季節による需給の変動が現れる。短い秋が過ぎ去ろうとし、冬(年末)が近づいてくると、年末の慌ただしさや年明けからという区切り感から、需要(購入者)は減少傾向になる。

日々、不動産情報を精査していると、値下げ物件も目立つようになり、需要が減少している傾向(売主側が弱気になりつつある)が垣間見える。

相場の格言で「人の行く裏に道あり花の山」とあるように、需要が減少している今こそ、買い時とも言えるが、自宅の購入は、買う方それぞれに事情もあり、お金だけでは判断できないのも仕方ないのか。

今年一年を総括するには気が早いが、今年の購入者傾向を考えてみた。(弊社のケースに限る)

実際、弊社で携わっていた住宅は、1)土地から注文住宅、2)中古マンション、が多い。

住宅の中でも一番予算が多く必要になるのが1の土地から注文住宅であり、千葉県北西部の中古マンションは、建物のクオリティは悪くないものの立地性から手頃感があり、初めての購入者は買いやすい。

都心でも、(種別は除き)富裕層向けの高額帯と、立地と価格のバランスが取れている中古住宅(マンション含む)の売れ行きが好調と言われ、その傾向のままに感じることができる。

自動車でも、高級車が売れている一方(高級外車を日常的に多く走る)、燃費性能に優れたハイブリッド車や軽自動車が多く走っている。

住宅を購入する分野に限っての話で、社会的に言われる二極化、格差社会とまでは言えるものではないが、1億総中流の時代(建売主流)から移り変わり、皆同じから、人それぞれの考え方により住宅を選ぶ時代になったと言える。

リノベーションという新しい中古住宅の考え方も生まれ、国もようやく重い腰を上げて、中古住宅購入の後押しを始めようとしている。

制度が定着することにより、これからは、初めて住宅を購入する層の人たちは、新築一辺倒から中古住宅の購入へとシフトしていくことが予想される。

新築に越したことはないが、日々の生活(家計)から考えて住宅費負担を減らし、それより家族にとって必要な支出の割り合いを増やす方を優先するため、積極的に中古住宅を目指すもので、家が人生のすべてではないという当然の考え方である。

アベノミクスが、本当に言われているような結果を残せるなら、新築住宅へ需要が向かうこともあるかもしれないが、消費税増税を含む、さまざまな家計負担増から考えれば、需要の大勢は手頃な中古住宅へと傾くだろう。

現在、日銀の金融緩和政策発動前の低金利水準に戻り、インフレ誘導のため資金が余っている現状から、金融機関は住宅ローン融資拡大に躍起だが、金利が上昇し、金融機関が締め付けに入れば、購入環境が厳しくなってくる。

金融市場の影響も加われば、さらに中古住宅へと需要が流れることも考えられる。

リスクを軽減するためには、出口戦略(売却想定)を考えなければならない。中古住宅市場が大きく伸びようとしているとは言っても、どれでもいいというわけではなく、売れやすい物件かどうかを考えて購入することが大切になる。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ