不動産市場と動向:上半期の市場動向(13.06.29)

日頃、弊社サイトをご利用いただきまして、ありがとうございます。

早いもので、今年も半分が過ぎようとしています。梅雨らしい日が続くなか、ここ数日は青空が広がり、溜まっていた下見三昧の日々を過ごしました。

例年、梅雨時は天候の影響もあり、不動産市場は落ち着いてくる傾向にあります。

ところが、今年は、年明けからの活況が続き、弊社だけではなく、市場全体が賑わっておりました。

販売状況の確認をすると、次から次へと売約済みとなっており、どんどん売れていることを感じます。

先週の土曜日には、弊社のお客様も含め、一つの物件に、5件もの購入申し込みが重なったということもございました。

それだけ探している人がいるということになります。

梅雨の終わりから夏に向かう頃、毎年、購入希望者が減り、不動産市場は低迷しますが、今年の流れ、勢いを見ていると、例年通りになるか懐疑的です。

低金利(金利上昇気配)、消費税増税(見込み)、景気回復(収入増加期待)、など、社会的な要因があり、売れているという状況が、さらに勢い、流れを作っていると思われます。

だからといって、慌てて購入してしまうのは禁物です。しっかり、事前準備ができたうえで、良きご縁があれば購入する。物件を見てからでは時間がないため、探す前に準備を整えることが肝要です。

住宅ローンの金利も、6月、7月と2ヶ月連続して上昇しました。これから参議院選を控えており、どのような結果にしろ、なにかしらの動きがあるかもしれず、注意が必要です。

下半期の土地市場は、9月まで売れ行きは良いことが予想され、10月から落ち込むことも考えられます。これは消費税の駆け込み(建築は9月中の契約が必要)によるものです。

新築住宅は年度末入居が間に合うタイミングまで好況で、中古住宅、中古マンションは景気が良くなりそうな気配があるうちは好況が続くのでしょうか。

アベノミクス?で、景気が良くなりそう(良くなる)か、期待外れに終わるのか(先行きに暗雲)、そろそろ結果が見えてくるころで、その結果次第で不動産市場も動きそうです。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ