不動産市場と動向:09秋の不動産,住宅市場(09.10.10)

週間東洋経済第6227号に、現在の不動産,住宅市場を分析した記事が掲載された。同記事の概略は以下の通り。

・新築マンション市場では、手持ちの在庫処分が加速している。ただし、今後の新規販売の雲行きは怪しく、戸数を量産する仕組みは改められ、厳選されていく。一部の分譲業者では、買い取り再販売へと事業を転換した。

・中古マンション市場では、新築販売の減少に伴い、需要がシフトしてきており、需給指標を見ると、バブル期並みの需要がある。

・新築戸建て市場では、販売計画棟数を大幅に上回るペースで売れている。新築住宅では太陽光発電を取り入れた住宅に活路を見いだし、販売合戦が加熱している。

・不動産投資市場では、価格低下・利回り上昇により購入意欲は高まっている。ただし、1棟丸ごと買いではなく、中古マンションや戸建てなどの個々の住宅をターゲットにした個人投資家である。

記事の詳細や公共工事などの建設業については、同紙にてご確認下さい。

引用元:週間東洋経済第6227号

今回の市場分析に限らずですが、今後の住宅市場は中古住宅が主流になるだろう。中古マンション、中古戸建てを含めて、住宅ローン破綻も増え、競売、任意売却などによって、市場に供給が増加している。これらを買い取り再生して販売する物件が増加している。

新築マンション市場の分析でもあったが、今後の新築は量よりも質に移行してくる。供給量が減り、質の上昇に伴う価格上昇もあって、購入のしやすい中古住宅に注目が増える。

さらに、中古住宅が主流になるのは、業界、行政側の意識の変革に加え、住宅に対する考え方が、一つの住宅に定住することから、ライフスタイルや家族構成などにより、最適な住まいへ住み替えていくというものに変わっていくことが根っこにある。

従来の住宅双六のように「住宅購入、持ち家」がゴールを設定するのではなく、状況に合わせ、住まいを可変させていく多様性の時代になったのでしょう。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ