不動産市場と動向:金利上昇記事を読んで(06.04.24)

連日、新聞紙上に、もうすぐゼロ金利解除だ、 金利が上昇するということで、その解説と対処法などが載っています。 しかし、金利を上がる時は好景気でお金が余っているはずなのに、 実感としての感触はあまりないのですが、みなさまはいかがですか?

特に気になるのが原油高で、物価の基礎となる部分の原油が上がると、 生活必需品を始め、物価は上がり、日銀(政府?)は物価が上がっているから、 引き締めだということで金利を上げてくると思われます。

住宅ローンなど借入金がある人は、金利が上がると利息が増え、家計に負担が出ます。 それに加えて物価も上がるとなると、さらに家計が苦しくなる。 金利上昇局面では、本来、景気回復で家計は潤いそうなものですが、 利息と物価の負担増では、なにかが違うような違和感を感じます。

確かに、不動産や株などの資産的な部分では、金余り、インフレ(評価アップ)などが感じられ、 金融引き締めが必要なのかもしれませんが、一般的には引き締められると苦しくなっていくのではと。 資産的な評価は金利上昇により落ち着きを取り戻し、運用次第では金利上昇を良い方向に 持っていけるかもしれませんが、一般的な人は苦しむだけではないでしょうか。

金利が上昇すれば、今のようにのべつ幕なしに不動産を購入するのが少しは抑えられ、 不動産価格安定(下落)すれば、不動産を購入しやすくなりますが、 収入が増えてこないと、利息・物価の負担増には耐えられないかもしれません。

金利上昇そのものを頭から否定するわけではありませんが、 なにかちょっと違うような感じがするのです。 レジャーや外食などが繁栄しているので、実体はそんなに悪くないのかもしれませんが、 この金利上昇が景気悪化へ進まなければ良いと願っています。

不動産価格が安定もしくは下落することでの期待と物価・利息上昇での負担増から景気悪化の不安で、 金利上昇がどう作用するのか悩ましいところです。景気回復→企業利益増加までになっているのが、 個人収入にまで結びつけば良いのでしょうが。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ