不動産市場と動向

今とこれからの不動産市場がどうなるかを解説と予測。地価動向、金利動向、マンションや土地の売れ行き。これからの不動産市場はどうなるのか。

 ・相続税対策から貸家が増えても
 ・2025年に東京の不動産が大暴落するのか?
 ・不動産投資の甘い罠
 ・もう少しリアルに人口減少問題を考えてみる
 ・人手不足の売り手市場、家余りの買い手市場
 ・首位に返り咲いた吉祥寺 住みたいランキングに変化があった?!
 ・競売予備軍(潜在)が溜まってきているかもしれない
 ・中古マンション市場に異変が起きている。
 ・いくら穴を埋めても水が流れ続く限り決壊は続く
 ・不動産の2022年問題、大都市部で宅地が大量発生する?!
 ・林立するタワーマンションは大丈夫?
 ・2040年には百貨店が4割減って大学が4分の1に?!
 ・「子育て大国」で「新築マンション」
 ・都心のマンションは今買い時か?
 ・買うなら今、売るなら年明け
 ・これは押さえておきたい!~住宅・不動産に関わる、使える統計情報~
 ・憧れの一戸建て。リアルに買えるエリアの見つけ方。【後編】
 ・憧れの一戸建て。リアルに買えるエリアの見つけ方。【前編】
 ・2016年住みたい街ランキンの結果と住宅購入エリアの選定について
 ・マンション価格、3年で3割上昇!戸建ては横ばい。
 ・「中古物件+リフォーム」20代の84.8%が肯定的?!
 ・首都圏の中古マンション 43か月連続で前年同月比上回る!
 ・オリンピック効果で不動産価格はどう変化するのか??
 ・不動産処分と行方不明の相続人
 ・買うなら今すぐ、売るなら慌てない
 ・選挙モードは閑散モード
 ・シェアビジネスの中に見る不動産の『所有』と『シェア』の違いについて?!
 ・平成28年(2016年)公示地価から
 ・「所有よりも利用」が中心世代に
 ・タワーマンションの中でも選別は始まっている
 ・2016年からは中古戸建ての逆襲が始まる
 ・不動産の評価を分解してみると
 ・2016年、波乱の幕開けとなりました
 ・2016年以降の不動産市場
 ・売却せざる負えないとき、任意売却、競売のどちらがいいか。
 ・ネット時代の売り方
 ・競売件数が減少した分、任意売却物件が増加
 ・市場の流れが変わる分岐点での対応
 ・より良い条件で、売る・買う
 ・変わりゆくマンションの現状
 ・マンション傾斜事件の余波から購入売却の時期を探ると
 ・平成27年基準地価と今後の動向
 ・まずは適正価格(相場)を知ることです
 ・販売価格に80万円が多い理由
 ・所有の欲望と大量生産
 ・今年の路線価は象徴的です
 ・求める利便性が変わってきた
 ・住宅双六に揺り戻し、崩れる郊外戸建て相場
 ・乱れる不動産相場
 ・マンション価格高騰の裏では
 ・どっちが正しいの?(これからの不動産市場)
 ・不動産は外部からの影響が大きい
 ・社会の変化による不動産市場への影響
 ・同じ買うなら落ち方がゆるいとこ
 ・平成27年(2015年)公示地価
 ・特定空き家指定で相場に影響がでる?
 ・不動産でも撤退戦が重要で難しい
 ・住宅購入は危機回避対策を優先に
 ・先送り再増税時の市場動向
 ・中期的な不動産市場を四季に例えると
 ・マンション買うなら10年後を見てから
 ・郊外でのマンション購入なら
 ・投資センス次第でチャンスも
 ・低金利だけど不動産価格は伸びない訳
 ・平成26年の路線価から見えること
 ・今後の千葉県不動産市況
 ・世帯数の減少=住宅余りは短絡的
 ・2014年(平成26年)公示地価
 ・千葉県(東葛)の不動産市場動向~業者編~
 ・今は売りどきであり買いどきではない
 ・購入傾向と今後の住宅市場
 ・平成25年(2013年)基準地価
 ・五輪開催と不動産市場
 ・実際の相場はさまざま
 ・今が買い時と言われる理由
 ・好循環の投資市場の恩恵を受けるために
 ・平成25年路線価
 ・上半期の市場動向
 ・不動産相場の長期的な展望
 ・地価動向(25年第一四半期)
 ・今の好調さは心理面が大きい
 ・平成25年公示地価速報
 ・不動産投資から住宅へ価格上昇が波及する
 ・駆け込み需要期に売る!に対抗する。
 ・人気の裏側に
 ・2012年(平成24年)基準地価
 ・今年夏秋の不動産市場
 ・2012年(平成24年)路線価
 ・消費税増税の駆け込み需要と購入するタイミング
 ・地価は下落から横ばい・上昇へ
 ・2012年の公示地価
 ・千葉県、統計開始以来初の人口減!
 ・これから先の住宅価値
 ・震災後の千葉県不動産市場動向調査
 ・平成23年の基準地価動向
 ・2011年の路線価
 ・千葉県の公示地価2011
 ・中古住宅を選ぶ理由
 ・日本人と不動産
 ・10年後の残価率(減価率)を見て
 ・2010年の基準地価
 ・週間東洋経済:マンション・ゼネコン完全解明
 ・平成22年路線価
 ・2010年は、不動産の買い時か?
 ・09秋の不動産,住宅市場
 ・今、マンションを売ったらいくら?
 ・月例速報マーケットウオッチ
 ・2009年の基準地価
 ・2009年の公示地価
 ・千葉県の2009年公示地価
 ・2009年は買い時か?
 ・2009年は買い時、ただし前提あり
 ・四半期地価動向報告(国交省)
 ・住宅地ブランドの崩落
 ・不動産市況悪化時の売却
 ・悩ましい不動産下落局面
 ・不動産不況と住宅ローン減税の行方
 ・不動産業者の用地仕入れ状況
 ・値引き販売
 ・不動産は買い時!かな?
 ・市場崩落の余波
 ・2008年路線価
 ・警報:市場に強い勢力が上陸しました
 ・2008公示地価
 ・新築マンションはどうなっちゃう?
 ・不動産にもシーズンはある
 ・現場から見た不動産市況
 ・不動産相場と流通最適面積
 ・不動産は値下がりする!(江副浩正著)
 ・2007基準地価
 ・政治と不動産購入
 ・不動産市場の前兆
 ・そろそろ終焉?
 ・地価の流れ
 ・公示地価分析
 ・地域環境の影響
 ・不動産資産の最適配分
 ・2007公示地価速報
 ・マンション:価格上昇(上)
 ・マンション:価格上昇(下)
 ・不動産市場の自律的反動
 ・2007年:買い時な人は・・
 ・住宅コストの上昇
 ・基準地価:2006年
 ・行政による影響
 ・住生活基本法
 ・分譲住宅供給状況
 ・公示地価分析(東洋経済より)
 ・平成の土地改革
 ・中古マンション下落傾向へ
 ・これから5年・地価は半値に
 ・新築一戸建ての購入者動向
 ・それでもやっぱり家が欲しい
 ・新築マンションの購入者動向
 ・首都圏の人口変動推計
 ・特集不動産バブル
 ・金利と不動産価格
 ・中古住宅流通市場
 ・再開発マジック
 ・2005年路線価
 ・高層マンション契約率97%超
 ・2005年基準地価
 ・駅力で決まるマンション
 ・都心から郊外へ
 ・アメリカの住宅市況
 ・金利上昇記事を読んで

◆不動産売却
 ・不動産売却を受験に例えてみました
 ・相続した不動産の賢い「売り方」
 ・不動産鑑定と不動産売却査定の違い
 ・さまざまな査定評価方法の使い方
 ・不動産を売却する際の戦術
 ・一括査定サイトでの典型的な失敗例
 ・「相続不動産は共有にするな」という鉄則
 ・タイプ別、不動産会社の良さ悪さ(売却編)
 ・相続人がいなくても不動産は売れる!
 ・相続人がいなくても不動産は売れる!(困難事例編)
 ・任意売却の基本とメリット
 ・任意売却の流れ
 ・任意売却の基礎知識
 ・任意売却のタイミング
 ・任意売却の実務
 ・任意売却代金の分配
 ・住宅金融支援機構債権の任意売却
 ・相続した不動産の上手な売り方
 ・買っても大丈夫?任意売却とは。
 ・中古建物の価格とは?
 ・不利益を被らない売却依頼1
 ・不利益を被らない売却依頼2
 ・売主さんの瑕疵担保責任をご存知ですか?
 ・好条件での売却を実現する方法
 ・任意売却を依頼するまでの物語
 ・任意売却成功の秘訣は早期からの行動
 ・任意売却・競売のメリット・デメリット
 ・債務者から見て任意売却が絶対ではない

仲介手数料半額・中古マンション

サブコンテンツ

このページの先頭へ