住宅ローン基礎知識:変動金利の利用件数さらに増加(09.10.12)

新規貸し出しのうち、三井住友銀行では9割、三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行、りそな銀行でも8割前後は変動金利を選択しているそうです。昨年は5~6割程度だったが、超低金利で急増したとのこと。(日本経済新聞調査)

私見では、現在の低金利よりも先行きの金利上昇気配が弱いからではと思う。

変動金利の選択そのものは否定しません。変動金利を採用した場合の返済額がギリギリなら危ない。固定金利でも大丈夫なくらいの余裕があり、金利上昇時の変化を想定していることが前提。ただし、金利上昇時の借り換え前提ではなく、そのままの乗り切り想定で。

変動金利の返済ルールは特殊で、5年間は返済額を変えない、5年経過後にいくら金利が上昇しても1.25倍までに返済額が抑えられる。ただし、金利上昇分や未返済分の返済が溜まる。これを未払い利息といい、最後に一括返済する。この点が、変動金利は危ない、と言われる要素である。

これを踏まえ、この特殊ルールを適用しない銀行も出てきました。

変動金利の採用そのものは否定しません、先を考えずに変動金利を採用してしまう、逆に、頭ごなしに比較検討なく、変動金利は危ない、と断定するのも同じ。

先のことを想定してみて、比較検討して、自分に合った選択をすることです。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ