住宅ローン基礎知識:出た!頭金は2割!(08.03.01)

古くから、家を買うなら頭金2割が必要というフレーズが一般的に出回っていたが、 ここ近年、住宅ローンの多様化や価値観の変化により、頭金2割というフレーズを 見ることは少なくなった。

もともと頭金2割というのは、住宅を購入するのに住宅金融公庫を利用することが 一般的で、公庫融資が価格の8割までが上限となるケースが多いことから、使われてきた。

しかし、公庫が実質的に廃止され、民間金融機関の住宅ローンが多様化して、 頭金2割というのは目安として残ってはいるものの、 この言葉を前面に押し出すことは少なくなった。

今日のとある新聞の特集記事に、資金計画の立て方が掲載されていました。 毎月の返済可能額から長期固定タイプの金利設定で逆算して借入可能額を試算。 その結果に頭金2割を想定(諸費用入れて3割)して購入可能額を出しております。

毎月の返済可能額を出すのに、管理費や修繕費、固定資産税などを考慮していること、 ボーナス払いをなしにしたこと、逆算する想定金利を長期固定タイプにしていることなど、 安全確実路線であることはとてもよい。

でも、その次の頭金がどうして2割になるのか。 頭金なしで、借入可能額≒購入価格ではダメなのでしょうか。 頭金を使わず貯蓄しておくことにより、低金利タイプを選んだ際のリスクや 将来のライフスタイルが変化した際の対応へと備えられる。

記事全体を詳細に読み込めば、同じような主旨も書かれております。 ただ、記事のキャッチに“3割”というような数字が書かれると、 それがまずありきになってしまうのではと懸念される。

逆に言えば、2~3割さえ頭金が出せ、返済可能額内で住宅ローンが 収まればいいようにも思えてしまうのではないか。 また、2~3割の頭金を出さなければならないと貯蓄を切り崩してしまうのではないか。

この記事が独身女性向けの内容であったので、 なおさら貯蓄という部分を意識してもらいたいと思えた。

記事は不動産営業としてもFPとしてもかなり良い内容であり、 逆にこのコラムはどうなのか疑問に思えるが、 頭金2割3割という言葉が一人歩きする危険性を感じたのが、 記事に違和感を感じ、ちょっと書いてみた次第です。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ