住宅ローン基礎知識:短期固定期間終了後に・・(06.07.02)

各銀行より7月実行分の住宅ローン金利が発表されました。

主要都市銀行の主な7月実行金利は、以下の通りです。 (比較しやすいように全期間優遇適用後で表示します)

・3年固定 三菱東京UFJ:2.0% みずほ:2.0% 三井住友:2.0%
・5年固定 三菱東京UFJ:2.65% みずほ:2.55% 三井住友:2.55%
・10年固定 三菱東京UFJ:2.9%  みずほ:3.05% 三井住友:3.05%
・35年固定 三菱東京UFJ:3.24% みずほ:------ 三井住友:3.24%

全期間固定が少し上がり、他は微調整程度でほぼ横ばいです。

この金利状況を見ると、これから10年の間に金利上昇が1.5%以上あり、 短期固定タイプの平均適用金利が3.5%を超えるようなら、 当初から全期間固定タイプを選択する方が良いでしょう。

しかし、金利上昇はあり、一時的には1.5%以上上昇しても、 平均適用金利が3.0%程度の場合、難しい選択になります。

そこでひとつの目安になるのが、一時的な金利上昇や固定期間切り替えの際、 切り替え後の新しい返済額の支払いに耐えられるかどうかです。 借入期間をトータルで見て安くなるからと言っても、 借入残高が大きいときに金利が高い時期にぶつかり、 さらに教育費なども重なると家計が破綻しかねません。

下記に、3年固定タイプ終了後の返済額を試算してみました。 (借入額3,000万円、借入期間35年)

 当初大幅優遇1.3%適用 → 月々88,944円
  └→金利が0.5%上昇
     └→2.8%適用 → 月々110,196円(24%up)
  └→金利が1.0%上昇
     └→3.3%適用 → 月々117,861円(32%up)

 全期間優遇 2.0%適用 → 月々99,378円
  └→金利が0.5%上昇
     └→2.5%適用 → 月々106,645円(7%up)
  └→金利が1.0%上昇
     └→3.0%適用 → 月々114,204円(15%up)

さらにもう3年後(7年目以降)、1%金利が上昇していたら、 当初優遇タイプで月々132,753円、全期間優遇タイプで月々128,892円になります。

このぐらいの上昇額なら大丈夫だよとか、返済額が上がらないように 繰上返済していくなどの対応が取れない限りは、金利上昇によるリスクは取れません。

金利上昇の設定や繰上返済をどの程度していけばよいのかなどは、 みなさまそれぞれに違うと思いますので、各自シミュレーションなどを活用してみて下さい。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ