住宅ローン基礎知識:当初優遇か全期間優遇か(06.03.18)

ここ数日、ローンの組み方借り方についてのご相談が多くございました。 今後の金利上昇が色濃く見えてきたことから、 どういうローンを組むのが良いのか悩まれているのかと思います。 そのうちの1例をお知らせしますので、ご参考にしてみて下さい。

[前提条件]
・期間35年・3,200万円・金利現状・固定終了後は3年固定 ・月々均等のみ、ボーナス加算なし・当初優遇はキャンペーン、全期間優遇は△0.8%+保証料なし

◇当初優遇パターン

1.全額3年固定の当初1.1%→4年目以降2.0%、 月91,829円 →月104,825円→利息総額11,558,973円 (→金利が1%上昇すると月120,463円)

2.全額5年固定の当初1.7%→6年目以降2.0% 、月101,143円 →月105,368円→利息総額12,001,366円 (→金利が1%上昇すると月120,187円)

3.3年固定と5年固定の組み合わせ 、月96,485円→月105,096円→利息総額11,779,845円 (→金利が1%上昇すると月120,325円)

◆全期間優遇パターン

4.全額3年固定の当初1.6%→4年目以降1.6% 、月99,554円 →月99,554円 →利息総額9,812,486円(さらに保証料約60万円減) (→金利が1%上昇すると月114,789円)

5.全額5年固定の当初2.4%→6年目以降1.6% 、月112,689円 →月101,129円 →利息総額11,167,925円(さらに保証料約60万円減) (→金利が1%上昇すると月115,694円)

6.3年固定と5年固定の組み合わせ、月106,121円→月100,341円 →利息総額10,489,914円(さらに保証料約60万円減) (→金利が1%上昇すると月115,242円)

☆上記6パターンを下記項目で順位付けをしますと 以下のような順になります。(見方:左側の方が良い)

1.借入経費(利息や諸費用)の有利さ(お得度)
  4→6→5→1→3→2
  (金利1%上昇時:4→6→5→2→3→1)

2.当初の負担の少なさ(家計の余裕度)
  1→3→4→2→6→5

3.金利上昇時の負担の多さ(金利上昇リスク)
  4←6←5←2←3←1

この順位付けの項目で何を重視するかで、どのパターンが良いのかが見えてきます。 この結果は、固定期間の組み方や繰上返済、 金利上昇の予測などにより変わることがあることを、予めご了承下さい。

なお、全期間優遇の場合、保証料(初期諸費用)がないため、 借入金額を減らすことができる可能性もあります。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ