住宅ローン基礎知識:金利タイプの選び方(05.06.08)

住宅ローンを借りる時、変動金利にするか固定金利にするか、 固定にするなら何年固定にするか、一番の悩みどころです。 それぞれの金利タイプのメリットデメリットを比較し、 マクロ経済から今後の金利動向を考えてしまうと、 何を選んでも失敗しそうな気持ちになってしまいます。

しかし、金利タイプを選ぶ基準は割と簡単です。 それは、金利タイプありきではなく、自分たちの生活ありきで考えることです。

まず、短期固定もしくは変動金利にすれば金利も低くなり利息も少なくなりますので、 この金利タイプを選べるかどうかです。このタイプを選べる人は、 家計収支に余裕があるか、現金の蓄えがかなりあるか、短期で返済できる目処がある人です。

もし、上記の条件に合わなければ、必然と長期固定を選択することになります。 そして、何年間の長期固定にするかを考える場合、 上記条件に当てはまる時期がいつになるかを考えればいいのです。

例)ずっとならないよという方は全期間固定。教育費がなくなる時期が10年後なら10年固定以上。

簡単ですよね。何かあっても対応できるかどうか、その時はいつかを考えるだけです。 どうしても賭けに打って出たい人(ギャンブル性志向が強い人、私も自分のことはそうです)は別ですけど。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ