住宅ローンニュースと金利動向:大手住宅メーカー10社 中古住宅でも無料で瑕疵(かし)保険を提供開始(17.03.04)

先日、日本経済新聞の記事で、「積水ハウスなど大手住宅メーカー10社による優良ストック住宅推進協議会(スムストック)は20日、同協議会が売買を仲介する中古住宅に欠陥が見つかった時に修繕費用などを補償する専用の『瑕疵(かし)保険』を無料で提供する。」といった内容が掲載されていました。

◆日本経済新聞社 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ20INQ_Q7A220C1000000/

新築当時大手住宅メーカーで建てられ、その後中古住宅として売りに出されているものも当然あります。新築住宅は、建築を請け負った会社(あるいは販売した会社)が10年間の瑕疵担保責任を負わなければなりません。

大手住宅メーカーの場合 “10年間ではなく20年”のように、自社の付加価値として保証期間を長くしています(但し、所定の点検及び状況に応じて修繕が必要)。

従来、このような住宅が中古住宅として売りに出た時には、売買に伴い新所有者に所有権が移っても、保証の残存期間を引き継げるか?これまで売主が所定の点検を受けてきたか?点検の際に指摘事項はなかったか?等、細かく確認していかなければなりませんでした。

今回のスムストックの取り組みは、瑕疵保険が付くのか否かが分かった状態で売りに出ることになります。

購入検討者側としては、面倒な確認作業や中古住宅に対する漠然とした不安がなくなることになりますので、今まで以上に買い易くなります。

中古住宅用の瑕疵保険の利用率はまだ5%と言われています。このような取り組みが広がり、「中古住宅でも瑕疵保険が付いていて当たり前」というような風土ができると良いですね。

ちなみにリニュアル仲介では、スムストックの中古住宅に限らず、どの物件でも瑕疵保険付保のご提案をすることができます。中古住宅でも安心して購入なさりたい場合には、是非、リニュアル仲介と一緒にお住まい探しをしましょう。

ちなみに、大手住宅メーカー以外の場合は、以前に書いた『築浅物件ならではの注意点≪中古住宅の保証≫』が参考になるかと思います。


仲介手数料半額・中古マンション

サブコンテンツ

このページの先頭へ