住宅ローンニュースと金利動向:新年も低金利でスタートしました(15.01.05)

各銀行より平成27年1月実行分の住宅ローン金利が発表されました。
主要銀行の主な1月実行金利は、以下の通りです。

◇千葉銀行
 変動金利:0.775~1.175% ※1
 2年固定:0.575% ※2
 10年固定:1.200% ※2
 全期間固定:1.830%

※ 保証料要。
※ 借入・審査内容により優遇条件の見直しあり。
※1 店頭金利より▲1.3~1.7%
※2 期間限定キャンペーン金利

◇京葉銀行
 変動金利:0.975% ※1
 5年固定:1.300%(キャンペーン中)※2
 10年固定:1.500%(キャンペーン中)※2
 全期間固定:1.920%

※ 配偶者が保証人となれば、保証料不要。(期間限定)
※1 店頭金利より▲1.5%
※2 固定終了後の優遇幅は▲1.2%

◇三菱東京UFJ銀行
 変動金利:0.775%~0.975% ※1
 5年固定:0.900% ※2
 10年固定:1.150% ※2
 全期間固定:1.690%~1.780%

※ 保証料要。
※ 金利優遇幅は借入・審査内容次第で可変。
※1 店頭金利より▲1.5~1.7%
※2 固定終了後の優遇幅は▲1.4%

◇みずほ銀行
 変動金利:0.775%~1.075% ※1
 10年固定:1.150%~1.450% ※1
 全期間固定:1.790%~1.980%(借入期間による)

※ 保証料要。
※ 金利優遇幅は借入・審査内容次第で可変。
※1 店頭金利より▲1.4~1.7%

--

あけましておめでとうございます。新年1月の金利は長期金利の低下に伴い、中期・長期固定でさらに低下しました。三菱東京UFJ銀行ではキャンペーン金利ですが、5年固定で1%を切り、10年固定で1.15%と驚きの金利です。

昨年は、もうこれ以上下がることはないだろう、もうここまでだろうと思っていても、さらに下がっていくという1年でした。今年もスタートから金利が低下し、今年も同様の傾向が続くのかと思われます。※これ以下には下がる余地もなさそうですが。

日本経済全体は別として、住宅購入、不動産市場としては、金利が低いことは好ましいことです。購入する方、購入した方には負担が少なく、購入資金力があるということは不動産価格が支えられ、売却する方にも好ましい状況です。

ただし、異常な状態なので、どこまで続くかは不明です。揺り戻しへの対策は必要です。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ