住宅ローンニュースと金利動向:フラット35Sの金利優遇について(11.08.27)

住宅金融支援機構が取り扱うフラット35S(優良住宅取得支援制度)の金利優遇(引き下げ)について、当初の予定より変更となりました。

公式には、お申し込み多数となっております。フラット35が初めて金利引き下げキャンペーン?をした際も、同じように募集枠に達したので早期に打ち切ったこともあり、但し書きもあったので、おかしいものではありません。

しかし、今回は、一連の流れを見ていると、東日本大震災の影響による財政難の懸念からではないかと推測しております。(実際、お申し込みも多かったと思われますが)

予定では、平成23年12月30日までにお申し込みをすれば適用となっておりましたが、これを平成23年9月30日までに繰り上げて終了となります。

金利優遇について

平成23年9月30日までにお申し込みの方
 ▽
当初10年間は年▲1.0%

平成23年10月1日より平成24年3月31日までにお申し込みの方
 ▽
当初10年間は年▲0.3%

※20年金利引き下げタイプは11年目以降も年▲0.3%

※フラット35Sの金利優遇を受けるには、対象物件が一定基準に達している必要がございます。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ