住宅ローンニュースと金利動向:フラット35の金利優遇継続へ(11.07.10)

平成23年7月10日の日本経済新聞にて、フラット35の金利優遇策を継続する記事が掲載されました。

『住宅ローン金利優遇継続』フラット35、下げ幅1%は圧縮。

国土交通省は、住宅金融支援機構がてがける長期固定型住宅ローン「フラット35」の金利優遇措置を来年度以降も継続する方針。

現在1%としている金利の優遇幅は縮小し、利用者の必要額に対して実際借りられる比率は圧縮する。※対象はフラット35のうち、建物性能が優れたフラット35S。

優遇幅は、0.3~0.5%程度になる見通し。また、借りられる比率(借入比率)は、現在の100%から70~80%にする見通し。

引用元:日本経済新聞

当初のままですと、今年の12月末までの申し込みが期限でしたが、利用者が多く、金利優遇のための資金枠がいっぱいになってきたことから、今年の秋に前倒しで締め切られることが予想されています。(住宅版エコポイントも同じ)

ここ直近で住宅を購入を予定しており、長期固定系の住宅ローンを希望される方は、金利優遇幅が縮小する前、できれば、締め切られる前のこの夏までが有利かもしれません。※だからといって早めるかどうかは総合的に判断を。

今後、借入比率が引き下げられることや、金利優遇幅が圧縮されることから、変動金利と組み合わせた資金計画が、より現実に、自然と採用されるようになるかもしれません。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ