住宅ローンニュースと金利動向:3ヶ月連続の引き上げ(08.07.01)

各銀行より平成20年7月実行分の住宅ローン金利が発表されました。

主要銀行の主な7月実行金利は、以下の通りです。
(比較しやすいように全期間優遇適用後で表示します)

・変動金利 三菱東京UFJ銀行:1.675%
      三井住友銀行:1.875%
      みずほ銀行:1.875%
      千葉銀行:1.875%
      住友信託銀行:1.675%
      中央三井信託銀行:1.575%
      三菱UFJ信託銀行:1.875%

・3年固定 三菱東京UFJ銀行:2.55%
      三井住友銀行:2.75%
      みずほ銀行:2.65%
      千葉銀行:2.65%
      住友信託銀行:2.40%
      中央三井信託銀行:2.35%
      三菱UFJ信託銀行:2.65%

・5年固定 三菱東京UFJ銀行:2.75%
      三井住友銀行:2.95%
      みずほ銀行:2.75%
      千葉銀行:2.95%
      住友信託銀行:2.55%
      中央三井信託銀行:2.45%
      三菱UFJ信託銀行:2.80%

・10年固定 三菱東京UFJ銀行:3.05%
      三井住友銀行:3.20%
      みずほ銀行:3.00%
      千葉銀行:3.10%
      住友信託銀行:2.75%
      中央三井信託銀行:2.70%
      三菱UFJ信託銀行:2.95%

・35年固定 三菱東京UFJ銀行:3.50%
      三井住友銀行:3.49%
      みずほ銀行:3.30%
      千葉銀行:3.28%
      中央三井信託銀行:3.28%


7月も3ヶ月連続で金利の引き上げになりました。 唯一、全期間固定金利だけが、ほんの少しだけ引き下げになりました。

住宅ローンの金利は金融市場の中の長期金利(10年物国債)に影響を受けます。 先月後半から上昇傾向にあった長期金利が低下してきたので、 7月の金利は下がるか横ばいかと思われましたが、予測が外れてしまいました。

新聞記事などでは「長期金利の上昇の影響により住宅ローン金利も上がりました」 というフレーズが使われますが、金利動向と比較すると、ちょっと腑に落ちません。

ボーナス時期で資金需要が増えて資金の手当てができなかったのか、 それとも、原油高や物価上昇で銀行の収益も落ちており、 直接の声が届かなくて御しやすい住宅ローンで収益を補おうとしたのか。 まさかではありますが。

短期的な金融市場の動向で上昇傾向にはありますが、 根本的な景気の問題があるので、際限なく上昇すると思えません。 夏枯れの資金余剰から、8月は金利が引き下がることに期待です。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ