住宅ローンニュースと金利動向:量的緩和解除の影響(06.02.10)

今朝の日本経済新聞に「量的緩和解除」の記事が掲載されました。 日銀総裁の記者会見をベースにした記事ですが、 そろそろ量的緩和政策の解除が迫っているとのこと。

量的緩和政策がどうこうという難しいところは分かりませんが、 確実に言えるのは市場に影響を与える。 住まいや不動産に関しての影響は、住宅ローンの適用金利です。 ここ数年、地価が上がったりしているのは、まさに低金利のおかげ。

金利が上昇すると、購入する人へも影響があり、 分譲する業者にも売れ行き低下と借入金利上昇によるコスト増の影響が出ます。 劇的にまでの変化はないでしょうが、ボディーブローのようにじわじわと影響が出るかも。

購入する人にとっては、金利上昇による負担増と市場低迷による価格低下の どちらがより大きくなるかによって、損得は分かれそうですが、慎重に見極めることが大切です。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ