住宅ローンニュースと金利動向:住宅ローン獲得競争(05.10.22)

返済が長期に渡り、公共料金の振替、貯金、投資信託、年金などと 個人のメインバンクになる入口として、各行とも住宅ローンの獲得に力を入れており、 不動産を購入する人にとっては、金利の引き下げなど購入を助けられています。

本日の日本経済新聞千葉面に、千葉県内3行の取り組みを特集し 分析した記事が掲載されましたので、ご紹介します。

[記事概要]

・千葉銀行

自行ローンと併用(50%超)した場合のフラット35の優遇金利を県内最低の2.45%に設定。

・京葉銀行

住宅ローンの自動審査システムを全面稼動し融資を加速。9月にはフラット35と自行併用商品を投入し、 優遇金利(フラット35)を2.52%と他二行並みに引き下げ。

・千葉興業銀行

フラット35と自行住宅ローンの併用商品で5月に、全国銀行最低水準の2.49%で参入。 8月9月では、金利上昇時に返済負担が増えるのを嫌った顧客を取り込み、千葉銀行を上回る取り扱った。




住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ