住宅ローンニュースと金利動向:個人向け金利じわり上昇(05.10.18)

今朝の日本経済新聞によると、個人向けの国債や住宅ローンなどの 金利がじわじわと上昇しており、日本銀行の動向次第では、 さらに市中金利の上昇基調が強まる可能性も。

長期固定の住宅ローンの代表的なフラット35では、 10月の平均金利が2.78%と、7月の2.63%から上昇している。 さらに10月の長期金利上昇は来月に反映され、 11月実行分の住宅ローンの金利はさらに上昇する可能性が高いと分析。

個人向け金利が上がってきた背景には、日銀の金融政策の影響が及ぶ 短期金利が上昇基調を強めていることがあり、 量的緩和政策の解除が近いことを日銀から伝わっている。

今まで、「もうすぐ金利が上昇するから今が買い時」と、マスコミなどが煽り、 ハウスメーカーや不動産会社の営業トークに使われてきましたが、 景気の回復基調を受け、現実味を帯びてきたかもしれません。

しかし、原油高やアメリカ経済の先行き不安などから、 この景気回復がいつまで続くのかも心配ではありますが。。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ