住宅ローンニュースと金利動向:預金連動型住宅ローン(05.06.01)

東京スター銀行で扱っている「預金連動型住宅ローン」は、 住宅ローン残高から預金残高を引いた金額にしか金利がかからないタイプの住宅ローンです。

例)3,000万円の住宅ローンに預金1,000万円の場合、 差し引き2,000万円に対する利息が掛かることになります。

素朴な疑問)だったら、預金1,000万円を繰り上げ返済したらいいじゃないか  → いざ、生活に資金が必要となった場合、預金ゼロだと家計が破綻する。

効果)預金をするだけで繰り上げ返済と同じ効果が出る  → 利息軽減効果分も含め貯蓄が出来る。

注意)通常の住宅ローンと比べ金利が高めに設定しているため、預金が少なかったり、 これからの預金残高を着実に増やせない人にはマイナスも。

その他、当該ローンのポイントは、保証料不要、団体信用生命保険は自己負担、 担保評価と借入額の比率による上乗せ金利有、変動もしくは3年・5年・10年固定のみ。

この住宅ローンを利用してメリットがある人は、当初の借入比率が少なく、 預金もある程度あり、今後着実に預金を増やしていける人です。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ