住宅ローンニュースと金利動向:リバースモーゲージ(05.05.06)

最初にまとまった資金を借りて住宅を購入するのが「住宅ローン」です。 その反対に毎年資金を借りて最後に自宅を売却して一括返済するローンが 「リバースモーゲージ」です。

毎年、借入残高が減少し、借入がなくなって不動産を完全に所有するのが、 住宅ローンと不動産購入の関係になり、毎年、借入残高が増加し、 最後に不動産を売却して借入金を返済するのが、 リバースモーゲージと不動産売却の関係です。

自宅を活用した老後資金の手当てをする手法として、 今後、年金の支給額減少や増税・物価上昇になった場合、 広く普及する可能性があります。

借りる人のイメージ(条件)は、一人暮らしもしくは二人暮しの老世帯で、 資産の大部分が自宅(不動産)で現金(年金)が少なく、 自宅には住み続けながら老後資金を得たい世帯でしょうか。

注意すべきポイントは、予想以上に長生きをした時、 不動産価格もしくは金利が予想以上に高騰した時に、 融資条件や借入限度額の変更があった時にどう対応するかです。

このリバースモーゲージを取り扱うのは、地方自治体が中心ですが、 民間では中央三井信託銀行などで取り扱っております。

自宅を活用した老後資金

自宅を活用した老後資金の手当てをする手法として、 「リバースモーゲージ」という仕組みがあります。 これは、自宅を担保に生活資金を借り、最後に自宅を売却して返済するものです。

ごく普通の世帯の場合、住宅ローンで自宅を購入後、現金に余力がある場合、 繰上げ返済で借入残高を減らし早期返済を心がけています。 この結果、現金があまりなく資産のうち自宅がほとんどという世帯が多くなります。

この「リバースモーゲージ」が普及すると、住宅を購入すること・繰上げ返済を することが自然と老後資金の蓄えにもなることに繋がります。

今後、年金の支給額減少や増税・物価上昇になった場合、広く普及する可能性があります。

しかし、「リバースモーゲージ」が万能というわけでもありません。 長生き・不動産価格(担保価値)減少・金利上昇のリスクもあります。

借入がない状態で自宅を所有していると、住まいの確保ができ、 老後資金の確保する手段のひとつとして、いざとなったら自宅を利用する道もあるという非常手段です。 基本は、生活資金の不足は、現金でカバーすることかもしれません。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ