住宅ローンニュースと金利動向

住宅ローンの金利動向や商品の仕組み。金利情勢からの住宅ローン推察。リバースモーゲージやホームエクイティローンなどの解説。

 ・フラット35の『S』の金利引き下げ幅が…なんと!!
 ・収入低下で住宅ローンが苦しい…あわてて売却する前に「再起支援借り上げ制度」検討しましょう
 ・住宅ローンの金利がいよいよ上昇?!日銀の利上げ時期との関係について
 ・住宅ローンの新規契約で、マイナンバーが使えるようになる?!
 ・大手住宅メーカー10社 中古住宅でも無料で瑕疵(かし)保険を提供開始
 ・フラット35がお勧めな理由
 ・超低金利を背景に 平均2.6年で借換えを決断!
 ・全期間固定の一択に
 ・借り換えの方には絶好の機会
 ・カップ麺・ハンバーガーの売り上げは増加中
 ・マイナス金利の裏で住宅ローン破たん予備軍が増加している
 ・マイナス金利政策は吉と出るか凶と出るか
 ・申年は飛び跳ねる、年始から株下落に金利低下
 ・今年も超低金利で住宅ローン獲得競争激化
 ・租税三原則に反する軽減税率
 ・まだまだ続く低金利
 ・マイナンバー制度のスタート
 ・中国ショックの影響はどこまで
 ・金利も低い不動産価格も低迷し今が買い時
 ・他国のデフォルトに影響されるのか
 ・経済不安へのリスク回避策
 ・バブル期以来の株式市場連騰
 ・長期金利はこのまま上昇するのか
 ・2017年から不動産価格は下落する
 ・異常な低金利が続き感覚が麻痺
 ・アベノミクスバブル崩壊は2021年?
 ・くれぐれも本末転倒になられませんように
 ・事実上のマイナス金利でも予算は控えめに
 ・住宅ローン金利以外の差別化
 ・新年も低金利でスタートしました
 ・円安による物価高(生活苦)と消費税の「痛税感」
 ・株価が上昇しても世相は暗い
 ・住宅ローンを平均13.7年で完済!
 ・地球儀の前に日本を俯瞰して
 ・世界同時低金利でさらに低金利へ
 ・低金利だけでは力不足
 ・来年の不動産市況はどうなるのか
 ・景気の雲行きも怪しい雰囲気が
 ・好景気なのに長期金利が低迷するのはなぜ?
 ・長期金利市場の流れに不穏な空気が
 ・2014年中は低金利で推移するか
 ・長期金利は低金利のまま
 ・平成26年の住宅ローン金利予想
 ・いつ上がるのか疑心暗鬼
 ・中長期固定系で最低水準へ
 ・金利動向とリスクへの対応
 ・消費税増税正式決定時期
 ・融資獲得競争が激化
 ・長期金利が上昇した影響はここに出る
 ・住宅ローン金利の途中見直し
 ・融資上限撤廃よりもノンリコースローン普及に
 ・今秋の金利動向
 ・不透明な金利動向
 ・住宅ローン金利が上昇して家計に影響?
 ・金利やインフレに収入がついていけるか
 ・金利が急上昇するリスクは小さい
 ・住宅ローン、固定系50%を超える
 ・長期金利の低下が止まらない。
 ・日銀新総裁でどうなる
 ・国債が増え続けると
 ・2013年も読みづらい金利動向
 ・過去最低水準の金利
 ・金利上昇の気配なし
 ・当面、金利は横ばい気配
 ・住宅ローン金利動向をどう読む
 ・住宅ローン減税拡充案
 ・住宅ローン破綻が増加しないことを願う
 ・低金利でついついは禁物
 ・低金利がいつまで続くか疑問
 ・月々2万円の金利保険料
 ・住宅購入はこの夏が勝負?!
 ・消費税増税と長期金利と不動産市場
 ・購入予算と資金力の低下
 ・何年ぶりかの低金利です
 ・フラット35の制度変更(平成24年4月~)
 ・住宅ローン実例(固定)
 ・フラット35Sの金利優遇について
 ・住宅ローン実例(変動)
 ・フラット35の金利優遇継続へ
 ・「被災者の住宅ローン、返済猶予中は無利子に」政権検討
 ・住宅ローン貸し出し状況
 ・金融緩和策の検討
 ・持ち家推進政策
 ・2010年の金利予想
 ・モーゲージプランナー
 ・長期金利急上昇中。
 ・09/05金利はどこまで上がる?
 ・長期金利のゆくえ
 ・住宅市場活性化策
 ・「経済危機対策」に伴う【フラット35】の拡充
 ・企業の資金繰りは大変?
 ・'09.04住宅ローン実行金利
 ・長期金利動向をどう読むか
 ・長期金利の動向
 ・フラット50
 ・「手数料無料」ウソだった
 ・08/10銀行からのメッセージ
 ・ゆとりローンって?
 ・08/08今狙い目の住宅ローンは
 ・フラット35Sの適用条件緩和
 ・長期金利動向を見て
 ・3ヶ月連続の引き上げ(08/07)
 ・金利上昇傾向はどこまで?(08/06)
 ・住宅ローン新規貸し出し減少
 ・フラット35・S(平成20年度)
 ・金利動向の潮目が変わったか?(08/05)
 ・日銀総裁人事が政局に利用されて
 ・求む、住宅所有コスト減税
 ・これからの住宅ローン借入スタイル
 ・全期間固定でも低金利だが
 ・2008年の住宅ローンと不動産市場予想
 ・利上げ前提の考えを見直し
 ・フラット20
 ・金利が下がり、借り時になるか
 ・日銀0.25%の追加利上げ決定
 ・再利上げの影響
 ・日銀、利上げするかな?
 ・千葉金利
 ・フラット35“S”
 ・変動金利引き上げへ
 ・住宅ローン金利引き下げ検討
 ・ノンリコースローン
 ・住宅ローン勧誘に公取委が警告
 ・米国利上げ休止の影響
 ・金利の動き
 ・ゆうちょ銀行の住宅ローン
 ・いよいよゼロ金利解除か
 ・どこ見てもゼロ金利解除
 ・パワーフリーズ機能
 ・ゼロ金利解除の影響
 ・預金連動型住宅ローン
 ・住宅ローン競争
 ・量的緩和解除の影響
 ・長期固定住宅ローン紹介
 ・住宅ローン金利引き上げ
 ・すまいと MONEY PLAN
 ・三井住友銀行女性向けローン
 ・量的緩和解除が決定後の予測
 ・三大疾病で返済免除
 ・医療保障付きの住宅ローン
 ・セカンドハウスローン
 ・住宅ローン獲得競争
 ・アパートローン
 ・財形住宅融資
 ・長期金利予想とローン選び
 ・リバースモーゲージ
 ・ホームエクイティローン
 ・個人向け金利じわり上昇



仲介手数料半額・中古マンション

サブコンテンツ

このページの先頭へ