不動産基礎知識:競売物件の購入をサポートしてくれる競売コンシェルジュとは?(16.02.26)

1.競売コンシェルジュはプロの業者です。

981.jpで皆様に競売サポート業をしている加盟店は、全て一般社団法人不動産競売流通協会(FKR)の正会員です。

一般の流通物件は”宅地建物取引業法”という法律に基づいて不動産取引が行われており、一般消費者が手厚く保護され、取引は宅建業者に限られいるため、作成する書類も法律で細かく定められております。

それに対して、競売不動産は”民事執行法”という法律に基づいて全て自己責任で行われます。不動産の知識はもちろんのこと、民法、債権法その他多岐に渡る法律を知らなくてはならず、また経験も重要になってきます。

不動産業者が全て競売不動産のアドバイスが出来る業者とは限りません!不動産競売流通協会では競売不動産のプロフェッショナル業者を育成、バックアップをして一般消費者が不動産競売に参加し易い環境を整えています。

2. 業界での経験、実績が豊富です。

競売不動産は一つ一つが大きく違います。権利関係から、建物の状態、占有者の状況など、3点セット等の資料を見て適格な情報分析、物件判断が必要になります。

このような複合的な判断はやはり、業界経験が長く様々な物件を取り扱ってきたプロフェッショナルでないと中々難しいかと思います。

加盟店のほとんどは、いわゆる地元密着で力はあるけどCMなどはやっていないので、中々皆様と接触しづらいという業者です。競売サポートは社長が担当という会社も多いので、普段は聞けないような不動産のエピソードなどの話も聞かせてもらえるかもしれませんよ!

■ 3. 複数の加盟店からアドバイスが貰えます。

各地域には複数の加盟店がいます。それぞれの会社には得意分野がそれぞれあります。人対人が不動産取引にはとても大事なので、”気が合う”人や業者を見つけるチャンスでもあります。

もちろん加盟店は競売不動産以外の物件を扱っていますので、”競売物件の質問”をきっかけに、信頼できる不動産業者と知り合えるかもしれませんね!

□ この競売基礎講座は、弊社が会員登録をしております「一般社団法人不動産競売流通協会(FKR)運営の981.jp( http://981.jp )」より提供を受けております。

具体的な競売物件についてのご質問や競売不動産購入のサポートは、981.jpのお問合せフォームより最寄りの加盟店【加盟店一覧】へお問い合わせください。[お問合せは無料です] 


仲介手数料半額・中古マンション

サブコンテンツ

このページの先頭へ