不動産基礎知識:BITシステム(不動産競売物件情報サイト)(16.02.25)

裁判所の狭い閲覧室で、大勢の人がごった返し、競売不動産の3点セットを閲覧して、必要な部分をコピーして。しかも、閲覧に来る人の人相と言ったら。。。

時代は変わり(と言っても10年以上前から)、インターネットを通じて、全国の競売物件情報を閲覧することができます。このシステムを「BITシステム(Broadcast Information of Tri-set system)」と言います。

不動産競売物件情報サイトアドレス http://bit.sikkou.jp/

インターネットの利用が可能であれば,誰でもご利用でき、会員登録などの手続もなく、利用料等の費用も一切かかりません。※インターネットの接続料やプロバイダー利用料は別途必要です。

BITの主な機能

1. 物件情報検索

公告中(期間入札及び特別売却)の物件について,「物件種別」「所在地」「交通」などのほか,「面積」「間取り」「築年月」など,さまざまな条件を設定して検索をすることができます。

事件の取下げや売却期日の変更などで公告が取りやめられた場合も,原則として即日反映されます。

また,過去(最大3年分)の売却データも条件検索が可能ですので,過去いくらで落札されているかなど,入札の際の目安にすることも可能です。

2. 3点セットのダウンロード

これまで,裁判所でしか閲覧・謄写ができなかった「3点セット」が,BITサイトから閲覧・ダウンロードできます。(24時間閲覧可能、ダウンロード可能、印刷可能)

なお、債務者の氏名などの個人情報に該当する部分は黒塗りされて閲覧できません(裁判所へ出向くこと閲覧可能)。登記事項情報などを取り、内容の照らし合わせての確認は必要です。

3. 開札結果の閲覧

売却価額や入札数などを閲覧することができます。開札結果の公開は,開札日当日のおおむね午後3時過ぎになると言われております。

落札者の氏名や次順位などの細部は公開されておりません。

この内容にさらに機能や情報を加えた競売不動産の情報サイトが「981.jp」です。使い比べてみて、使いやすい方をお選びください。

□ この競売基礎講座は、弊社が会員登録をしております「一般社団法人不動産競売流通協会(FKR)運営の981.jp( http://981.jp )」より提供を受けております。

具体的な競売物件についてのご質問や競売不動産購入のサポートは、981.jpのお問合せフォームより最寄りの加盟店【加盟店一覧】へお問い合わせください。[お問合せは無料です] 


仲介手数料半額・中古マンション

サブコンテンツ

このページの先頭へ