不動産基礎知識:ライフラインの供給状況について(06.05.25)

昨日の雷雨は激しかったですね(船橋市)。 どこかに落雷があったかどうかは分かりませんが、 ピカッと光ってから地響きがするゴロゴロという雷鳴が 夕方から夜にかけて断続的に起こり、 夜の9時前頃に我が家は停電してしまいました。

停電はすぐ(約2~3分)に復旧しましたが、現代社会での住まいは、 ライフラインが何か途絶えると、一気に生活に支障が出てしまいます。 奥田英朗著のサウスバウンドの後半では、 水道・ガス・電気・下水なしの生活ぶりが描かれており、 そのたくましさと比べると、都市型での生活のもろさを痛感してしまいます。

しかし、ライフラインなしで生活していくのは極めて難しく、 日常生活を営む上で必要不可欠なものであり、不動産の取引の際は、 重要事項説明にて、どのように整備されているのか、 これからの予定はどうなのかなどを説明することになっています。

<説明する項目と内容>

・水道

公営水道(上水道)→本管、敷地内配管が有るか、それぞれ口径は。 無い場合:井戸はあるかこれからか。共同井戸がある所も

注:敷地内に配管済みでも口径が小さい時は配管やり直し。 水道利用の際、負担金が発生するケースも→きちんとした業者なら不動産価格に織り込み済み →これを理由に価格交渉ができるとは限らない

・ガス

都市ガス→本管、敷地内配管があるか、それぞれ口径は。→無い場合:プロパンガス

注:水道と比べガス工事代金は安めも地域によりさまざまなため確認

・電気

敷地前に電線があるかないか。→無い場合:自家発電

・汚水、雑排水

公共下水→本管があるか、敷地内配管があるか、負担金は納付済みか。→無い場合:浄化槽→各自個別の浄化槽か、地域共同の集中浄化槽

注:浄化槽設置不可、排水先がないと汲み取りになる場合も。浄化槽設置の補助金が出る地域もある。 浄化槽は設備費用や建物への影響などからコスト高になる場合も→きちんとした業者なら不動産価格に織り込み済み →これを理由に価格交渉ができるとは限らない

・雨水

公共下水へ直接排水か、側溝(U字溝)へ排水か→雨水の本管があっても直接ではなく側溝を通じてすることも

注:雨水管よりもU字溝があるかないか。敷地内で浸透させた後、オーバーフローした雨水を側溝へ流す →建築確認申請時に排水計画を提出する。地域や行政により、貯留浸透枡の設置が必要になる場合もある
ここまでが重要事項説明の項目になります。

全ての項目で前提になるのは、直ちに利用可能かどうかで判断します。 この「直ちに利用可能」という言葉は、前面道路に本管があり、 承諾や許可を要せず、いつでも敷地内へ引き込める状態を指します。

この敷地内への工事費用や手配は、購入した方の負担においてすることになります。 直ちに利用できるからと言っても、実際にそのまま負担無く使えるのか、 利用するまでに費用が掛かるのかを見極めておかないと、資金計画は狂います。

親切な不動産会社なら、このあたりを押さえて説明してもらえますが、 実際に工事費用などは建築会社を通じて支払うものですから、 建築会社に相談するのがより良い方策になります。

また、法律(宅地建物取引業法)では、テレビや電話はなくても生活できると 判断されているのかどうか分かりませんが、 説明しなくてはならない項目にはなっていません。

とは言っても、テレビや電話がない生活が出来るはずもないので、 この点については、ご自身か不動産会社または建築会社などの協力を得て 確認する必要があります。

電波障害は、高圧線や近隣建物などの影響で 共同アンテナ利用の場合は説明がありますが、 近隣に特段と影響を及ぼすものが無くても、 高層マンションの乱立で、 電波塔から敷地までのなにが影響しているのか分かりません。

この電波障害を事前に調査するのは事実上難しく、近隣のアンテナ設置具合や、 地上デジタル対応エリアかどうか、ケーブルテレビに加入できるかなどを調べておくと無難です。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ