不動産基礎知識

不動産取引に関わる基礎的な知識。契約前に行われる重要事項説明。売買契約の基本と留意点。その他、法規制など。

 ・不動産登記法の基礎
 ・借地借家法の基礎
 ・民事執行法の目的と手続き
 ・今年の目玉は空き家特別控除とインスペクション説明の義務化
 ・今後の不動産取引では点検と保険が標準に
 ・違反建築は事故物件と同じ扱いに
 ・マンションの所有形態
 ・要除却マンションに認定されたら
 ・空き家対策特別措置法
 ・媒介契約(売却)の依頼方法
 ・物件囲い込み問題のまとめ
 ・抵当権がある取引
 ・権利証(登記識別情報通知)の受領時期
 ・判断基準は世間一般から当事者同士へ
 ・不動産評価査定総論
 ・持分がない位置指定道路
 ・仮換地と保留地
 ・土地家屋調査士の業務
 ・国土交通省の土地情報地図
 ・不動産取引の基本的な流れ
 ・役所調査に私なりの流儀がある。
 ・事故物件(告知事項あり)
 ・任意売却
 ・境界確認と越境
 ・善管注意義務
 ・仲介業者を排除して契約(抜き行為)
 ・通行権
 ・消費者契約法と不動産取引
 ・不動産の媒介依頼
 ・土地と宅地
 ・境界
 ・宅地建物取引業法
 ・戸籍の見方
 ・相続時の登記手続き
 ・マンションの値段
 ・マンションの名称
 ・筆界特定制度
 ・嫌悪施設
 ・ライフラインの供給状況について
 ・権利証(登記済証)の見方
 ・住生活基本法
 ・洪水ハザードマップ

◆重要事項説明
 ・今年の目玉は空き家特別控除とインスペクション説明の義務化
 ・重要事項説明の重み
 ・責任の押し付け合いになる土地と注文建築
 ・マンション(区分所有建物)の登記簿
 ・公拡法の届出と申し出
 ・建築物の高さ制限(高度地区、日影規制)
 ・道路と不動産評価の関係
 ・用途地域が絶対ではない
 ・市街化調整区域での建築の可能性
 ・下水道、公共下水、本下水、生放流
 ・セットバック(道路後退)
 ・第一種低層住居専用地域の兼用住宅
 ・既存不適格物件
 ・建物区分所有法
 ・住宅瑕疵担保履行法
 ・守秘義務VS告知義務
 ・宅地建物取引業保証協会
 ・建築物の接道義務
 ・用途地域
 ・宅地造成等規制法
 ・開発行為・許可
 ・土地区画整理
 ・文化財保護法
 ・都市計画
 ・風致地区
 ・建築協定、地区計画
 ・重要事項説明とは
 ・土壌汚染対策法
 ・生産緑地法
 ・農地法

◆売買契約の基本と留意点
 ・任意売却物件の売買契約留意点
 ・引渡し猶予の流れと注意点
 ・手付解約、違約解約、危険負担による解約のリスクも考慮
 ・当事者の権利と意志の確認
 ・瑕疵担保責任の取り決め
 ・売買契約の成立と内容
 ・成年後見制度を利用した居住用不動産の売却
 ・中古マンションの取引
 ・住宅ローン特約・融資利用特約
 ・情報を知らずに契約しても自己責任
 ・契約交渉の不当破棄(民法改正中間試案)
 ・手付金等の保全
 ・未完成物件の契約
 ・損害賠償と違約金
 ・建築条件付の土地契約
 ・交換契約
 ・数量指示売買(実測売買)
 ・下取り契約
 ・瑕疵担保責任とは
 ・譲渡担保
 ・共有不動産の購入
 ・買主の債務
 ・社会生活のルールである民法
 ・売買契約書の記載内容
 ・定着物と従物
 ・契約成立前の信義則
 ・制限行為能力者制度
 ・代理について
 ・不動産登記制度
 ・公図と測量図
 ・不動産のクーリングオフ
 ・なぜ登記をするのか
 ・任意売却物件
 ・公簿売買
 ・抵当権
 ・不動産の時効
 ・危険負担
 ・売主の瑕疵担保責任
 ・買戻し特約
 ・契約の履行
 ・売買契約の基本
 ・意思表示について

◆競売不動産
 ・不動産競売の概要
 ・延滞から競売、立ち退きまでの流れ
 ・お宝物件を得るための代償
 ・入札価格を決めるまでに大事なこと
 ・競売物件の購入をサポートしてくれる競売コンシェルジュとは?
 ・BITシステム(不動産競売物件情報サイト)
 ・競売不動産の物件資料
 ・競売物件の入札(申込)方法
 ・競売物件を見極める「5つのポイント」
 ・競売物件は「住宅ローン」や「不動産投資ローン」は組めるの?
 ・リスクを果敢に取りに行ってリターンを狙うか
 ・競売事件の種類と注意点
 ・不動産競売とは?
 ・ズバリ、競売物件とは何か?



仲介手数料半額・中古マンション

サブコンテンツ

このページの先頭へ