住宅購入の見識:最適な住まいは?(10.03.04)

住宅を購入しようと思ってみたものの、ほんとうに購入した方がいいのか、やっぱり賃貸のままがいいのか、悩まれる方も多いと思います。(悩んだことがない人は、ちょっと悩んだ方がいいのかも)

所有と賃貸を比べた情報で取り上げられるのは、分かりやすさもあって金銭的な面からの切り口が多くなります。支払い総額などは設定や購入の状況などによって変わり、金銭面で一律の判断はできません。また、賃貸は資産価値がない、とも言われますが、住宅ローンを背負っていれば、債務超過(売却想定価格よりも住宅ローン残高が多い)になることも多く、住宅ローンが完済した後、どの程度の金額で売れるかも、何十年先となれば分かりません。

そこで、所有と賃貸を使い勝手で比べますと、所有の場合、リフォームなどの可変が自由であるや使い方も自由になるなど、自分の意思で動くことができます。賃貸の場合、リフォームができず使用にも制限があります。しかし、賃貸であれば、生活に合わせて住まいを変える(引っ越し)することも容易くなります。

諸所の事情や生活を考え、住宅を購入しようとした場合に大きく分かれるのが、一戸建てにするか、マンションにするか、でしょうか。所有と賃貸との比較にも重なる部分がありますが、マンションの場合、共同住宅になることから、生活でも所有(管理)でも、他の人との関わりが大きな要素を占めます。

管理費や修繕積立金の有無も大きな違いです。ただし、これは費用が発生することだけを取ってマンションが否定されるものではなく、管理費を払って組合(管理会社)に管理を頼み、修繕費用を計画的に積み立てるか、自身で管理し、自身で修繕費用を手当てするかの違いです。

マンションの最大の良さは、立地の良さになります。同じ立地なら購入費用を抑えることができ、また、同じ予算で利便性の高い地域で購入できます。ただし、敷地内(駐車場から玄関)や建物の内の移動(上下)などの使い勝手は落ちます。高層階なら一戸建てでは得られない眺望が望め、防犯面もマンションの方が少し高いでしょうか。

マンションにしろ、一戸建てにしろ、種別が決まった後に分かれるのが、新築にするか、中古にするかでしょうか。新築の良さは、最新の建築基準や設備が整った建物になること、売主(施工)が法人となることから保証が整っていることでしょうか。あとは、誰も使っていないという気持ちの部分です。

中古は、新築と比べてコストパフォーマンスに優れています。同じ敷地で同じ建物であれば、築年数分だけ価格が抑えられる(はず)。あと、新築の場合、入居まで待たされるが、中古の場合、すぐに入居が可能な物件も多いこと、間取りや大きさには制約がある場合もあるが、内装や設備はリフォームなどで改善することができます。

以前の中古物件は、資料の紛失やメンテナンスの履歴不備などから不安感を持たれる方も多かったかもしれませんが、建物調査会社などの充実などにより、状況は改善されました。

所有と賃貸、マンションと一戸建て、新築と中古、どの比較でも、どちらかの長所は反対の短所になり、物事には裏表がある通りです。自分たちにあった関わり方と住まいがいいということですね、身も蓋もない結果論ですが。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ