住宅購入の見識:複数の家を使い分け(06.04.09)

国土交通省が行った意識調査によると、 東京圏に住む団塊の世代の2割以上が、季節や気分に応じて、 二つ以上の家を行き来して暮らしたいと希望しており、 その半数は実現可能と回答している。

この結果を受け、国土交通省は 「実家の相続や別荘購入などの見込みがあるのだろう。 都会永住かUターンの二者択一ではなく、 両方を享受するライフスタイルが広がるかもしれない」と話している。

調査結果の内容は、現在の家に定住が6割、複数の家が2割、別の家が2割であった。

この結果から推察するのは、複数の家を使い分ける前提として、 現在の家がまだまだ使用に耐えられること、住宅ローンの残高がないこと、 もうひとつの家を得られる状況か資金力があることが考えられます。

もし、このような生活を求めていくなら、上記の条件をクリアするように、 若いうちから計画を立て、よく考えて住まいを形成していかなければなりません。

しかし、新しい家を所有するには、初期コストもランニングコストもかかる。 この負担と需要から、管理も費用も安く済む会員権タイプや 共同所有タイプが流行っているのも分かります。(広告をよく見かけるので)

都市圏に現在の住まいがあることから考えると、二つ目の住まいは地方になります。 どこにその住まいを考えていくかも、各地方の特徴や気候、 現在の住まいとのアクセスなどから、よく考える必要があります。

老後を快適に暮らすには“気候”という部分が地域選びに大きな要素を占めます。 医学的なことは分かりませんが、この気候との相性が良ければ、 健康と長生きも得られるかもしれません。

最近、診療や食生活など、健康もある程度の経済力で差が出る傾向にあると思われ、 住まいの部分からも、経済力によって、健康に差が出るようになるかもしれません。

《日本経済新聞参照》



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ