住宅購入の見識:マンション投資の盲点(05.05.30)

今年の4月からペイオフが解禁になり、 団塊世代の退職金支給が始まったことなどから、 不動産投資・マンション投資市場が熱くなっています。

老後資金も準備もでき、自宅もあって、 手持ち資金に余裕があるならいざ知らず、 一般のサラリーマンがローンを組んで投資するにはリスクがあり、 それもワンルームマンションはあまりにもリスクが高い。

(当サイトで紹介した不動産投資用ローンでも ワンルームマンションは融資対象外になっていることからも、 そのリスクは推察される)

広告には、10%近い利回りが表示されているケースもあるが、 空室も無く家賃も下がらなければ、この利回りも維持できるものの、 今後10年20年何もないと思うのはちょっと楽観的かな。

自己資金の投資で、家賃収入が生活に直結しない場合はまだしも、 ローンを組んで購入し、その返済には家賃を当てなければ 生活費に影響が出る場合は危険。 特に変動金利の場合、現在の低金利なら家賃>返済額になっても、 金利が上昇するとあっという間に逆転してしまいます。

いざ売却しようとしても、価格は相当安くなるので、 簡単に止めることは出来ず、不良債権を抱え込むことに成りかねません。 下手なセールストークや強引な営業に負けないで下さい。 投資は余裕のある資金でですよ。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ