不動産会社と業界:不動産会社選びは大事です(06.01.23)

今日、今月契約しました取引の打ち合わせで、相手方の不動産会社に行って参りました。 そこで、境界などもろもろの打ち合わせが終わった後、農地転用届けの話になり、 届出そのものは難しいものではなく、書類を農業委員会に持参し、 確認の印鑑をもらってくるだけです。

弊社を始め、多くの不動産会社では、この手続きを仲介手数料に含まれる業務として行い、 別途費用請求をしていない会社がほとんどだと思います。 しかし、今回の不動産会社の場合、別途申請費用として5万円を受領しているとのことでした。

弊社側のお客様(買主)には関係ないので、 先方側のお客様(売主)からどういう名目で何を受領しても、 商売の一環ですから、それに首を突っ込むつもりはありません。 しかし、今回の契約をした際、私が買主さんに、この届出をする場合、 弊社は別途費用請求をしませんと言ってしまったことが、先方の立場を悪くしたみたいで、 売主から受領できなくなったではないかと抗議を受けました。

事前に何かしらのことを伝えてられていれば、弊社のお客様の不利益にならない限り、 対応しましたが、何も言われず、他社の営業内容まで察しろと言われてもどだい無理な話。 そんなことは知ったことじゃないという感じです。

今回のことで、不動産会社選びに失敗すると、知らぬ間に不利益を蒙ることがあるなと、 改めて実感しました。これから、購入でも売却でも、不利益にならないよう、 不動産会社選びは慎重に吟味して下さい。

これも今月契約をした取引の中の一部ですが、おいおいと思ったことを一つお話します。

不動産取引をする際、宅地建物取引業法では、重要事項を説明しなさいという規定があります。 その中で、不動産に関する説明があり、その際、添付資料として、 謄本(全部事項証明書)、公図、測量図などを示しながら行ないます。

この取引では、内容に問題があったのではなく、また、相手の不動産会社も 悪気があってのことではないと思いますが、出てきた添付資料の日付が昨年、 一昨年のものでした。今現在、どうなっているかを説明しなければならないのに、 古い資料では、現在の状態を確認できず、また、以前と現在に変化がないか確認できません。

このように、悪気がなくても、ちょっとずぼらな不動産会社はまだまだ存在します。 言い方を変えれば、悪徳業者は少なくなってきたものの、いい加減な業者は多い。 必ずしも大変な事態になるとは限らないですが、いい加減な意識で対応されると、 大変なことになる確率が高くなってしまいます。

金額も大きい不動産取引では、悪意ないことでも、トラブルに巻き込まれると、 非常に面倒になりますので、不動産会社選びは慎重に行なって下さい。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ