不動産会社と業界:営業である前に人であれ(05.12.23)

先日、久しぶりに放映された“はぐれ刑事純情派”を見ていたら、 安浦刑事の名セリフに“刑事である前に人であれ”という言葉がありました。

これは企業人にも同じように“営業である前に人であれ”と言えます。 人として正しい道をまず考え、それを踏み外さないようにして営業に当たりなさいと。

もし、この言葉を理解し実践していたら、談合事件も、JR福知山線の脱線事故も、 構造計算書偽造事件も起こらなかったかもしれません。 これらの事件の背景には、人である前に企業(営業)であるのだから、 人の道を踏み外しても止むをえないという意識があります。

このことは、ニュースになるような事件とまで行かなくても、日常の営業活動でも言えることで、 お客様にとって何が良いのか、どうすべきかではなく、会社にとって、自分にとって、 どうなって欲しいかが優先されることが多々あります。

この気持ちは営業をしている者に必ずあるものですが、 それが最優先にならないよう、いつも意識して当たりたいものです。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ