不動産会社と業界

不動産会社と業界の裏話。チラシ、広告、不動産仲介の仕組み。不動産会社や担当者の選び方。業界の動向やこれからの姿についてなど。

 ・大手、有名、名門という看板は当てにならない
 ・トラブルの発生を予見する力量
 ・不動産会社が信用されない理由
 ・不動産営業の現場が酷いのは報酬制度が原因
 ・不動産業者・担当者の見分け方
 ・不動産のドラマや小説にも監修を
 ・営業マンの言葉は逆に考えると正しいことが多い
 ・任意売却の相談
 ・インスペクション実施が必須化の方向へ
 ・不動産営業マンの資質
 ・東急リバブルさんのマンション売却サービスはすごい
 ・レインズ「ステータス管理機能」がスタートします
 ・大手仲介連合VSソニー・ヤフー連合の仁義なき戦い
 ・下請けいじめは永久に不滅で構造的には変わらない
 ・管理会社の情報整備と対応向上が必要
 ・営業は不要でもプロとしてのスキルは活用すべき
 ・希少性と固有性が営業を熱くさせる
 ・仲介手数料を狙う手練手管への対策
 ・ピッチャー(営業)は心理的に攻めてきます。
 ・厳禁なのに繰り返されるポスティング広告
 ・無くならない違法な捨て看板
 ・イメージ先行・先入観には要注意
 ・資格名称を変更したからと言って
 ・囲い込み問題は悪質に進化していた
 ・じっくり好条件で売りたいなら
 ・家のプロが秘密をぶっちゃける?
 ・業界内部の抗争か!?
 ・大手不動産会社の不正行為が発覚!?
 ・先送りされていく不正行為
 ・物件囲い込みの実態と対策
 ・進歩しない不動産業界
 ・常に「住宅は今が買い時」と。
 ・両手仲介を目指す手練手管
 ・資格の名称が変わるだけでは足りない
 ・家も法律も状況で見直すのは同じ
 ・売却募集おとり広告の対処法
 ・購入時こそ専任、売却時こそ一般
 ・業者買取の仕組み~早く高くは成り立たない
 ・オンライン査定から業者選定まで
 ・新しい認定資格「宅建マイスター」
 ・セールスの勢いに負けると怖い
 ・不動産流通近代化への布石
 ・海外の不動産流通システム
 ・販売活動のアリバイ作り
 ・成果のためなら人の道に反しても
 ・資産価値が高いのは購入価格も高い
 ・不動産業界への誤解
 ・レインズ
 ・不動産査定の思惑
 ・役所調査のタイミング
 ・不動産流通市場活性化フォーラム
 ・不動産流通近代化への道
 ・なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか
 ・不動産取引の問題点
 ・流通市場変革への対応
 ・不動産流通市場健全化への課題
 ・不動産売却の依頼方法
 ・悪質業者の嫌がらせ
 ・不動産取引所(案)
 ・買主側業者の悲哀
 ・こんなことが許されてもいいのか!
 ・不動産屋の免許
 ・不動産コンサルティング技能登録
 ・正義はどこにあるのか
 ・おとり広告
 ・不動産流通市場の整備
 ・あれ、こんなのあり?
 ・あまりにも酷い醜い話
 ・イタイ不動産会社
 ・売止、商談中です
 ・転職者が多いこの業界
 ・宅地建物取引主任者の設置義務
 ・売主業者の横暴
 ・不動産業者の情報操作
 ・会社の姿勢
 ・担当者の人柄が大切
 ・千三つ屋
 ・こんな人
 ・飯田産業、経常益25%減
 ・マンション完売請負人
 ・マンション管理に格付け
 ・法定講習
 ・セカンドオピニオン
 ・パワービルダーの業績
 ・営業である前に人であれ
 ・中古住宅の情報開示と業界の変化
 ・不動産会社選びは大事です
 ・マンション施工会社の名義貸し
 ・本当の「お薦め」
 ・会社の規模では判断できない
 ・後で嫌な思いをしないために
 ・たねや?タネヤ?種屋?



仲介手数料半額・中古マンション

サブコンテンツ

このページの先頭へ