建築・建物・住宅:200年住宅の認定基準案(09.01.13)

過去最大へと拡充し住宅ローン減税が延長される予定だ。 過去最大の減税の恩恵を受けるには、かなり高収入を得ている人が、 一般の人ではとても対象にならない高額な住宅を購入し、 多額の住宅ローンを借りなければならず、高額所得者優遇だと批判もあり、 冷ややかな目で見られてもいる。

この住宅ローン減税の恩恵を最大限受けるには、高所得、高額な住宅購入、 多額な住宅ローンの他にも要件がある。 それが、200年住宅の基準に適合する住宅であること。 この200年住宅の基準だが、正式には未だ決まっていない。

どのような住宅なら、住宅ローン減税の恩恵が最大になるかもまったく分からないまま、 過去最大の住宅ローン減税だと言うのも片手落ちだが、 言葉だけの麻生総理らしくて驚かなくなっている。

その200年住宅の基準について、国土交通省は、国民より広く意見を伺うため、 インターネット等を通じて告示案の概要の公表及び意見の募集を実施している。

≪基準案の概要≫

1.劣化対策

劣化対策等級3に加え、構造別に定めた細かい基準に適合すること。

2.耐震性

免震建物か耐震等級2の基準に適合すること。

3.維持管理・更新の容易性

維持管理対策等級3かつ更新対策等級3の基準に適合すること。

4.可変性

躯体天井高が2650mm以上。

5.バリアフリー性能

高齢者等対策等級3の基準に適合すること。

6.省エネルギー性能

省エネルギー対策等級4の基準に適合すること。

※各基準は住宅性能表示制度に準拠

その他、詳細な内容はこちらにてご確認下さい。



リニューアル仲介

「大切な財産であるお住まいに、様々な付加価値を提案することで、不動産が正しく評価され、買う方にも売る方にも安心してお取引をいただけるように取り組んでおります。」

サブコンテンツ

このページの先頭へ