建築・建物・住宅:都市ガス利用の優遇(06.10.12)

都市ガス各社は、急激にシェアを伸ばしている“オール電化”に対抗するため、 様々な対策を講じていますが、千葉県北西部を基盤とする京葉ガスでは、 地方銀行や大手銀行など六行と、京葉ガスを利用し、 対象のガス機器を設置した場合、貸出金利を優遇することで提携した。

◇対象となるガス機器(下記のいずれか)

・ガス発電、給湯暖冷房システム「エコウィル」
・高効率給湯器「エコジョーズ」と「ガラストップコンロ」の併設
・「ミストサウナ機能付ガス温水浴室暖房乾燥機」
・「ガス温水床暖房」

◇提携した銀行

・千葉興業銀行(全1.0%優遇か当初1.3%+その後0.7%優遇)
・みずほ銀行(全0.7%優遇)
・住友信託銀行(全1.0%優遇か当初1.3%+その後0.8%優遇)
・中央三井信託銀行(全優遇か全期間固定)
・三菱UFJ信託銀行(全1.1%優遇か当初優遇+その後0.4%優遇)
・千葉銀行(全0.8%優遇)

実際には、各銀行独自の優遇制度もあり、これらと比較して、 この制度を利用すると独自優遇よりも優れていれば、検討の余地があります。 (いくらローンとして良くても、住宅機器そのものとしての検討は必要)

◇提携銀行の通常優遇との比較

・千葉興業銀行(公式優遇は不明、個別にて優遇あり)→優劣不明
・みずほ銀行(公式優遇は全0.7%優遇)→優劣なし→意味なし?
・住友信託銀行(公式に全期間優遇なし)→選択により優のケースも
・中央三井信託銀行(提携ローン内容が不明)→優劣不明
・三菱UFJ信託銀行(公式全期間優遇0.9%)→0.2%優
・千葉銀行(公式全期間優遇0.7%)→0.1%優

なお、東京電力では、オール電化住宅を採用した場合に住宅ローンの優遇が 受けられるように銀行と提携している。今回の京葉ガス提携先と重複しているのは、 千葉銀行、中央三井信託銀行、住友信託銀行、みずほ銀行。

やはり、住宅ローンでの差別化は難しく、 住宅機器そのものでのご判断になることでしょう。


リニューアル仲介

「大切な財産であるお住まいに、様々な付加価値を提案することで、不動産が正しく評価され、買う方にも売る方にも安心してお取引をいただけるように取り組んでおります。」

サブコンテンツ

このページの先頭へ