建築・建物・住宅:官民問わずに見逃し(05.11.25)

マンションの構造計算偽造事件で、偽造された建築確認申請をチェックする段階で、 民間のイーホームズ以外に、平塚市でも見逃したことが発覚しました。 今回の事件で、規制緩和がいけない、民間だからいけないという風潮がありましたが、 民だ公だというのは関係ないことが分かります。

おそらく、こういう細かいところの話ではなく、もっと大きく基本的な問題なのでしょう。

公民どちらにしろ、偽造や不正を見抜き、適正かどうかをチェックするために存在しているのであり、 見逃してしまったことで過失ありと判断すべきである。 イーホームズは業務は適正などと言っていますが、業務が適正かどうかは関係なく、 責任を感じるべき。消費者と我々業界で働くものも、きちんとチェックされており、 法規的に問題がないことが大前提で取引している。 これが成り立たないのは、貨幣経済で通貨に信用がなくなることと同じ。

また、昨日の聴聞から“圧力”に関しての話題が多くなっていますが、 コスト削減を要求するのは、どこの業界でもあるのではないでしょうか。 法律違反を強要する圧力はとうぜんいけないのですが、 やはり圧力に屈して非道無法に走った倫理観の欠如も原因。 生活に困ったからと言って、泥棒や強盗が許されない犯罪であるのと同じ。 これからも法律に反したことをする会社は出てくるし、現に存在しています。 やはり、これらの会社や商品が消費者に届く前に、フィルターで排除され、 安心して購入できる仕組みが必要ですが、完全に頼ることはできず、 泥棒や強盗などの犯罪と同じように、自己防衛が必要です。

追伸:ヒューザーの社長もTVに出演し過ぎでは。その前に居住者への対応をすべきと


リニューアル仲介

「大切な財産であるお住まいに、様々な付加価値を提案することで、不動産が正しく評価され、買う方にも売る方にも安心してお取引をいただけるように取り組んでおります。」

サブコンテンツ

このページの先頭へ