建築・建物・住宅:揺れやすさマップ(05.10.20)

昨夜、茨城県沖を震源とした地震があり、 私が住んでいる船橋市でも、かなりの揺れを感じました。 この地震を予見したように、国では昨日、 地震発生時の各地の揺れやすさを七色に分類した地図を公表しました。

地盤の揺れやすさマップ

マップの説明文によると、地震による地表でのゆれの強さは、 マグニチュードが大きいほど、また、震源から近いほど 地震によるゆれは大きくなります。

しかし、マグニチュードや震源からの距離が同じであっても、 表層地盤の違いによってゆれの強さは大きく異なり、 表層地盤がやわらかな場所(平野など)では、 かたい場所(山間部など)に比べてゆれは大きくなります。

今回の地図で、揺れやすい地域に住んで居る方やこれから購入する方は、 耐震診断や耐震補強などを特に意識する必要があります。


リニューアル仲介

「大切な財産であるお住まいに、様々な付加価値を提案することで、不動産が正しく評価され、買う方にも売る方にも安心してお取引をいただけるように取り組んでおります。」

サブコンテンツ

このページの先頭へ