家計・税金・保険:住宅ローン減税・国交省方針(08.08.18)

先日、今年末の入居で打ち切られる住宅ローン減税の延長が 検討される動きがあると一報しましたが、 その具体的な国土交通省の方針が日本経済新聞に 掲載されましたので、ご紹介させて頂きます。

国土交通省は2009年度の税制改正で財務省に 住宅ローン減税の拡充を要望する方針を固めた。 断熱材が厚いなど省エネ性能の高い住宅や 長期間住める優良な「200年住宅」、2世帯住宅を対象に税優遇を新設。 こうした住宅を買った人の住宅ローンについて、 所得税の控除対象となる借入限度額を現行の一般住宅向けの2000万円より広げるのが柱。 購入にあたっての消費者の負担を軽減し、冷え込む住宅市場をてこ入れする狙いだ。

◇国土交通省方針抜粋

・09年度で期限が切れる現行の住宅ローン減税を5年間延長
・省エネ住宅や200年住宅を対象とした対象額の拡大
・所得税で控除しきれない場合に住民税も対象
・優良住宅取得で住宅ローン未利用者を対象にした費用の控除新設

◇財務省見解

・優良住宅への住宅ローン減税には理解
・対象額の拡大へは慎重
・優良住宅は拡充、一般住宅は縮小

引用元:日本経済新聞 8月16日朝刊

国土交通省の方針は、景気対策(来年の選挙対策)になり、省エネ住宅はもちろんのこと、 200年住宅も建て替えによる廃材現象で地球温暖化・環境対策にもなることから、 政府・与党も反対はないと思われ、財務省が理解を示していることから、 何かしらの措置は取られるのではないかと思われる。

今回の方針は、増税の方向にある中、ここまで減税方向で 打ち出されたのかと、ちょっと驚くくらいでした。

環境対策や福田総理の重点項目という御旗があるので、 省エネ住宅や200年住宅という優良住宅系の減税はそれなりに期待できるかもしれないが、 一般住宅系は、よくて現行の延長までではないかと予想される。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ